1年間、山で監禁されてて先月社会復帰したけど質問ある?


ある?


借金でタコ部屋か


タコ部屋?


借金じゃないけどタコ部屋


犯人の事どれくらい好きになった?


借金返済おめでとうございます


1年間山で監禁されてていつ社会復帰した?


先月


借金無いのにタコ部屋とかどんだけドMだよwww


経過をどうぞ


とりあえずなんでタコ部屋いれらたか話す

去年金が無くてアパートを追い出されて、とりあえず飯場にいったんだ
以前にも建築の仕事してたから、とりあえずそこで金溜めようと思って


タコ部屋労働とか未だに回ってるんだな


免許書もあったから運転手込みであっさり雇い主もみつかった

ただ・・・時期が悪かったんだよね。
去年の建設業はとにかく仕事が無くて、月12日も出れれば良いほうだった
当然、それじゃあ生活も満足に出来ないし
お金を溜めてアパートを借りることも難しいなと思ったんだ


それで、色んな業者の(建設関係)人と景気の話をしてたんだけど

やっぱりどこの業者も今年が山場かもって言うのね
ちなみに俺の手取りは運転代込みで一日11000円これから
宿泊費、飯代、諸経費、道具代、色々引かれて一日6500円くらい
それで月10日弱じゃ生活もできないから困ってたんだ


生活費全部抜いて月6万五千浮くなら十分じゃん

まあそこでずっと働きたくはないけど


そんなある日、砂掘り返しの作業をしてるときに多機能工の職長が話しかけてきたんだ

(多機能工ってのはなんでもできる=やらされる職人)
給料の話とか聞いてきたんだけど、俺のこと気にいってくれたみたいで
一日10000と交通費別途支給でうちの会社入らないって言ってくれた
アパートも会社の社長が名義貸してくれるって言うから俺もぜひお願いしますって
お願いしたのよね


とりあえず、部屋は借りれたから安心して(部屋の敷金、礼金は0のとこ)

そこの会社はいったんだけど、これが正解だった。
他の業者は週に2~3日とか言ってるのにそこの会社は週5~7日出れた
週払いにしてもらってたから、残業代とかもちゃんと出るし(一時間1600円)
月曜に金貰いに行ったら10万超える週とかもあるのよ
そうなるともう自制心がなくなるというか
もともとパチンカスだから仕事終わり、休みの日はパチ●コばっかりしてたのね


なんだ奴隷かよ


給料も毎月30万弱になるから毎日、飲み歩いてたし

風俗にもしょっちゅう行ってた。俺の人生楽勝だなって思ってた。
でもある日、その会社を紹介してくれた職長が俺に金貸してくれって
頼んできたんだ


なんだ自業自得か


「山本←俺の名前(仮名)子供が病気で2万貸してくれないか?」って頼んできたんだ

まあ、2万くらいなら別にいいかって軽い気持ちで貸したんだけど
一回貸したら毎週のように2万、3万貸してくれって言ってくるようになったのね。
俺も会社に誘ってもらって、飯とかも連れて行ってもらってる手前
あんまり邪険には断れないわけよ。
なんだかんだんで20万くらい貸したと思う。
その職長はある日、会社からいなくなってしまったんだ


山本早く書け


自業自得もいいとこじゃねぇか

パチなんて麻薬とそう変わらんし


その職長(金田←仮名)他の業者や、会社の同僚、建設会社の監督

正規の貸金業者、あげくの果てには闇金に手を出してたみたいなのね
(ドロンして会社に電話があって発覚)
俺も20万貸してることもあり、会社に紹介してくれた感謝もあるが
ちょっと無責任すぎる金田さんに呆れていたんだ


んなちょくちょく金借りに来るやつはケツに火がついてるに決まってんだろww


金田からしたら20万は紹介料ぐらいのつもりなんじゃね?


人に何か貸す時は、揚げた物だと思いなさいってばっちゃが言ってた


とりあえず俺の貸した金は諦めるか。。。って思っていたんだが

会社の先輩達はそうはいかないと、怒り狂ってる様子だった(中には50万貸した人もいた)
金田を捕まえて全額返済させるぞ!っと金田捜索が始まったんだ。
金田さんも年は40過ぎてるし、何年も建築の仕事してるということは
また建築の仕事につくだろう、そこを捕まえようと言うことになったんだけど
そんな簡単に捕まるのかなって思ってた


ここからなんで
が監禁されるのか?それを早く書いて欲しい


おまえにとってみればいい手切れ金だったんじゃね

30万前後の給料から月8~12万だったら意外と痛いけど


3週間もしないうちだった。

金田さんは簡単に見つかった。
(以前、使ってくれたゼネコンの監督に電話して仕事とってたみたい)
金田さんは会社に強制的に呼び戻された。(仕事は出来る人)
会社に監督や、他の業者の人の借金は立て替えてもらい(そうしないと会社の信用も落ちる)
毎月、給料の6割を会社と借金してる同僚達に返済で念書を書かされたんだ


今のところ金田が一番タコ部屋に行きそう


まあ、可哀想だなって思う反面、駄目な大人だなって俺は金田さんみたいになろうと思った。

でもやっぱり月に40万近くもらってた人が急に15万前後の給料になると
金の使い方が直ってないというか、生活水準が下げられていないというか
一ヶ月もしないうちに家賃がヤバイとかでまた俺に頭を下げて金の無心しにきた。


金田さんみたいになろうと思ったのかよwww


展開がなんとなく読めた。

単に
がアホなだけw


金田さんみたいになってタコ部屋送りにされたのかw


残念な子


すごい反面教師な生き方だなwwwww


俺もまだ前回の借金を返済してもらってないこともあり断ったんだ。

もし他の人に金を借りに行ってその人に会社に言われたら
もっと酷いことになりますよ?とかも忠告した。
(金田より上の人間がかなり怒っていたこともあり)
最初は、そうだよなー。とか言ってくれていたんだけど
だんだんイライラしているようにも見えた。
「かさねーなら、もういいよ。うせろ」っていう態度にも見えた
口では言わないけど、その態度に俺もイラついてしまい
金田さんとは溝ができてしまったんだ


溝ができて良かったじゃないか


そんなこんなである日。

会社の専務が急に首になった。
驚いた。その専務が俺たち、作業員を動かしている人だったから。
理由は上の人間には伝わっているようだったが俺みたいな下の人間には
伝わってこなかった。
ここからこの会社が少しづつおかしくなってくる


専務の変わりに入った番頭さんが来たんだが(作業員の頭数、手配等管理する人)

この人はまったく別の会社から引き抜きされてきた人だったので
うちの会社のことを理解していなかった。
実はうちの会社はものすごい派閥があったのだ。
小さい会社とはいえ、その派閥はでかく俺はその派閥になじめていなかったので
新しい番頭は当たり前の成り行きのようにその派閥の幹部となっていた。
(元、専務がその派閥を押さえ込んでいた)


山本、やっぱりぼっちだったん?


当然そうなると、俺みたいな派閥に属してない雑魚はきつくて遠い所に

常駐させられるようになった。
朝は4時に起きて、家につくのは8時過ぎるような生活に疲れ、ストレスは溜まった。
日曜の仕事なども当たり前の様に回ってくるようになり
疲れとストレスで逃げ出してしまおうかと何度も思った。
(派閥の奴は、家から10分~30分の所に配属、日曜極力休み)


山本山で監禁される

すげぇ海苔作らされそう


疲れが溜まってくると俺の体は蕁麻疹が出てきた。

医者に行くとストレスで出る場合もあると言われた。
仕事は休みたい。でもそこの現場は俺一人。
〇〇さんなら家から一時間くらいなのになんで俺が3時間もかけて
行かなくちゃならないんだよ…
っと考えていると金使いもだんだん荒くなってきた。
ストレス解消法の手段、パチ●コも家につく頃には2~3時間もすれば閉店。
俺は裏スロ屋に行き始めた


もしかして派閥じゃなくて労組じゃないのか山本


行き始めた裏スロはレートは普通のお店と変わらないんだが

勝てない。
まず間違いなく設定も入っていなし、ストックも飛ばしている。
でも楽しかった。
他の趣味を探そうとも思ったけど、スポーツは興味無いし
自分はギャンブル依存症なんだなってその時わかった。
そこの店に何度か通っていると
あるとき金田さんがいた。


金田キターーーーーーーーーーー


リアル底辺ってこんな感じ


カイジみたくなってきたww


金田さんもそうとうなパチ●コキチガイだった。

金田さんは俺に気付くと場が悪そうな顔して俺を見た。
そこの裏スロは朝の6時まで開いているの良く金田さんも来るみたいだ。
そこで久しぶりに金田さんと話してみた。
金田さんも派閥に入っていなかったため遠くのキツイ現場に行かされてる事
給料を6割返還から7割返還になったこと…
俺は、金田さんと話して「もうこんな会社やめたいっすね」なんて二人で会社の悪口を言った


地味にくるなぁ


とうとう行っていたクソ遠い改修工事も終わり

俺はやっと次の現場に行ける事が嬉しかった。
次こそは家から近いところお願い!っなんて期待もしてたが
まあ、前のところより近ければいいやと思っていた。
そして番頭から電話がかかってき、次の現場を指示される電話に出た。
「おー。山本。次の現場な。一年間監督の手元で岡山行って来てくれ」
俺の何かが壊れた


今更すぎるかもだけどタコ部屋ってなに


「岡山ですか?!?なんで??だって岡山ですよ!?!」頭は混乱していた

「いや、岡山の方の現場で監督の手元になる人間が欲しいんだって。ほら〇〇所長がさ~
お前、関西出身なんだから地元に近くて嬉しいだろ。なあ頼むよ」
会社は神奈川にある。俺の住まいも神奈川だ。
毎日、埼玉までいったのに…なんでこんな目に…と思いながらも冷静に
「ちょっとww勘弁してくださいーよwマジっすか??www」
冷静になると人間の悲しい性かな、上の人間には露骨に嫌なことも言えず
笑って行きたくないアピールするしかなかった


電話を切り、「岡山なんか行きたくねーなクソ」と思いながら裏スロ屋に向かった

裏スロ屋につくと金田さんがおり、岡山に一年行ってくれと頼まれことを話した。
「そんなのか。お前行きたくないなら断った方がいいぞ」
「でも、断ったらどうせ仕事も干されるんじゃんないですかね?」
「俺はもうこの会社に頼るしかないけどよー。借金もあるし
お前はパチ●コで暮らしていけば?金あるんだしよ」
俺は昔、3年程スロットで暮らしていたことがある。
それも開始は3万だったが一年もしないうちに300万まで貯金できていた
「それもありっちゃありですかね」
「それだったら、俺の友達紹介するよ。一人でスロットで食うのは今の時代きついだろ」
俺の心は会社からスロットで食っていくという馬鹿な方向に傾いていた


山本ーノリ打ちはダメだぁー

揉めるだけだぞ山本ー


とりあえず俺は金田さんの友達の安達さん(仮名)にあってみることにした。

休みの日に3人でパチ●コ談義をした。
安達さんは少し怖い風貌だったが気さくに俺に話しをしてくれた。
「なんだ。見た目と違っていい人っぽいな」そう思った。
安達さんはちゃんと真面目に働いてくれるなら日給8千に出玉2割くれると言ってきた。
もともと働くの嫌いな俺にはもってこいの条件だった。
「よろしくお願いします」
俺は安達さんにそうお願いし、会社に実家の都合で今月一杯で辞めさしてくださいとお願いした。


山本ぉー、それただの打ち子だぞー


労働局辺りでも通報しちゃればよかったのに

自分都合ってダメすぎやんやn


スロットで食うなんて無理だろw


山本終わったなwww


会社も辞めたいならどうぞ。っという態度でスムーズに退社できた。

久しぶりの開放感。一気にストレスが消えたような気がした。
安達さんに会社を辞めた事を伝え
安達さん達のグループに合流する日がきた。
安達さんたちのグループはで15人以上いるみたいだ。
ただあってみて挨拶をしたが何人かは死んだような目をしていたのが
印象的だった


ちょっと飯かってくる


山本ぉーてめぇーメシ食う金あんのかよー


wwwwwwwwwwwwwww


おい山本


初めて安達さん達のグループで仕事をする日。

忘れもしない
俺はパチ●コの海物語で87k(8万7千円)負けた
このお金は安達さん達のグループの資金なのだ
初めてだしそういう事もあるよと、安達さんは笑って許してくれた
その日は他のメンバーがスロットで出したことと
パチ●コを一緒に打っていた池山さんが4万発だしてくれたので
一人は大負けするだろwって言う流れだったのにも助かった。
次は頑張りますと俺は皆に頭を下げた。
次は頑張ってくれよ。っとみんな言ってくれた
俺はその次の日から一週間で21万負けた


山本ーお前本当に何やってもダメだなあー


山本ぉーヒキが弱過ぎるぞー


山本ぉーお前今のところ完全にだめな時のカイジだなwww


一週間で20万近く負けたのは初めての体験だった

辛かった。
台の設定。パチの釘。けして悪く無いのに確率通りには出てくれない
途中で帰らされる日もあった
辞めたかった。でも辞めると生活が出来ないから辞めれなかった
(アパートは前の会社名義。一ヶ月でも滞納すると追い出すとの約束)
一週間すぎても調子があがらず負け続ける俺
どうしようもない自分に誰も優しい言葉をかけてくれる人はいなくなった
そんな時、池山さんがメンバーから脱退した


池山さんもそうとう負けが込んでたみたいだったから自分から辞めたのか…

俺もそろそろこんな甘い考えで稼ごう何て思わないで
アルバイトなり就職するように頑張るか。
なんて考えていた。
でも頭の中ではそう思っていたのが
少し勝つと、俺は才能がある。
これで食えて行けるならこんな楽な商売は無いと最低な考えを変えれなかった


山本ー普通21万負けたら20万近く負けたじゃなくて20万以上負けただぞー山本ー


プライドもあった。

以前は4号機主体とはいえ、月に40万は稼いでいた
安達さん達の台選びが悪いんじゃないか?っと責任転嫁するも
子役や設定推測は高設定を示していた。
俺は負ける恐怖をしりたくないために自分の打った台の収支をつけるのを止めた
ただ、調子は戻ってこず。
一ヶ月で60万はやられていた


月の〆の日にミーティングがある。

俺は未だに首になってない自分に不思議差を感じていたが
グループ内ではまだ上には上がいるんだろうや
60万なんて実は屁でもないんじゃない?と思っていた。
飲みながら会話をしていると安達さんが月のグループ内の収支を発表した
「今月。120万プラスでした」
これは人件費抜きでプラスになった収支のことだった
おー。さすがにプロ軍団。すごいな!と俺は少し興奮した
「続いて、今月の結果発表。〇〇プラス457k…」
え?そいうのも発表するの?でも一番プラスの人だけだよね?
なんて思いながら安達さんは一人一人読み上げていく
「〇〇プラス98k。最後にに山本マイナス746k。以上。」
血の気が引いた
本当に意識が遠のくを必死に堪えていた。
死にたかった


山本ぉー糞ワロタwwwwwwwwwwwwww


山本ー最初金じゃないっていうから可哀そうな奴かと思ったけど

今のところただのアホな奴だぞー


山本ぉーマイナスおまえだけかぁー


山本ーそれ負け分背負わされて、払わされるカモにされてないか山本ー


山本ーそれ新人に一人負け背負わせて山に売り飛ばすグループなんじゃないか山本ー


山本ぉー、それ店とパチ集団がお前を金払わせるカモにしてるだけじゃないのかー


山本の山本によるゲシュタルト崩壊


発表が終った瞬間、意識を保ちながらも

責任を取ってやめようと思い。
皆にすいませんでしたと土下座した。
「すいませんでした!僕が足を引っ張ってなければもっと勝ててたはずなのに…
責任をとって辞めます。少しの時間でしたが楽しく仕事させてもらってありがとうございました」
こんな感じで謝罪と土下座をした。
「池山も酷かったけど、こいつも酷いなー。どうすんの?安達さん」藤本さんが言った
池山さんもやっぱり負けてたんだ。負けてたからやめたんだな。
頭を下げている時にそんな事を考えていた。
「まあ、もう一ヶ月様子みようよ」
安達さんがそう言ってくれた。
「そう言ってくれるのはありがたいんですが、僕がいたらみなさんの足を引っ張るだけです
すいません。やめます」
俺はもう辞める気でいた。
すると藤本に顔を本気で蹴られた


山本人気すげぇぇえw


山本ぉー蹴られた理由は単純になんかムカついたからだと思うぞー


普通打ち子って店とグルだよな。

更に一人で沈んでいることを考えると、なぁ、あれだ


一瞬何が起こったかわからなかった

さっきまで普通に話してくれていた藤本さんに思いっきり蹴られてるのだ
え?って言う顔で起き上がると他のメンバーはしょうがない、可哀想にと哀れみの目で俺を見ていた
「お前、何勘違いしてんだよ?70万も負けちゃってくれてさ?馬鹿にしてんの?」
俺、蹴られた衝動によりパニックなりどもりながら
「い、いや。あのその・・・」
と言葉になっていなかったと思う
その言葉にイラッとしたのか藤本に鼻に思い切りパンチされる


山本ぉー一人負けで逃げられると思うなよ山本ぉー


山本が負けた場合の給料はどうなるの?


ざわざわ・・・

ざわざわ・・・・


殴られたときは痛いと言うより衝撃が凄かった事しか覚えていない。

正直、藤本は我体良くないし、一体一で喧嘩すれば余裕で俺が勝つだろう
今、思えばそうかもしれないがその時は
体の全身が震えていた。座っていたにもかかわらず(地面に腰つけてる)
足が震えているのが分かった。ガクガク震えていた。
「お前、舐めたこといってんじゃねーよ。補填せずに逃げるのは泥棒だぞ。おい」
「す、すいません。でもすぐにそんなお金は・・・」
「だから勝って返せよ。勝てなかったらこっちが処理するから。お前は黙って働けよ」
とにかくもう帰りたかった


安達さんは黙って俺の方を見て

「やる気があるなら自分の腕で返せ。それが出来ないなら50万で良い。
それを用意してから俺に辞めると言ってくれ」
安達さんの顔は真剣だったが、どこかにやけてるような感じもした
「ありがとうございます!頑張ります!俺、みんなの足引っ張らないようにします」
自分でも不思議だった。
本当は「うるせー!しね!おまえら全員並べ!殺す!」くらいの気持ちだったのだが
頭と違う言葉がスラスラ出てくる。しかも泣きながら
未だにこれは謎なんだが、本心とは違う言葉をスラスラ無意識に喋っているのは
助かりたい一心だったのか?分かる人教えて。
そうこうして「よし、明日からまた頑張れ!期待してる!」
と言ってくれ、俺もやめられず2ヶ月目に突入した。


山本屑すぎワロタwwwwww


そうこうして2ヶ月目に突入した

今度は収支もつけるようにし始めた。
最初は順調だった半月で20万勝っていた
今月はいける!いかないとやばい!俺はいける!出来る男だ!
そう言い聞かせながら一生懸命スロットとパチ●コを打った
しかし藤本には恐怖心を抱いたせいか、藤本の方を見るのも怖くなっていた
目が合うとなぐられるんじゃないかとか(被害妄想)思っていたが
だんだん、偉そうな態度をしている風に見える藤本にイラついていた。
そしてその月の〆日のミーティングがきた


後半調子を落としたことにより

俺の自分のつけている収支ではプラス120kだった
胸をはれる金額ではないが先月のとてつもないマイナスに比べると精神的には楽だった
安達さんからメンバーの発表がある。
俺は確か8位だった。
他のメンバーも調子悪いみたいだった。
その月はグループ収支50万を切っていた
先月みたいな俺だけずば抜けて悪い成績では無いのでビールが美味かった
藤本が安達さんと何か話をしている
「おい、山本。お前、今月こんだけグループの収支が悪かったのに
明るくビール飲めるな?舐めてんのか?」
藤本が文句を言ってきた。
内心、藤本に対して恐怖心が凄かったのだが俺はここで舐められちゃいけないと思い
「すいません。」と、ムスッとしたような態度をとり藤本を睨みつけた
勝った。やってやった。俺はそう思った
藤本からまたパンチを喰らう


山本ぉーおまえ弱すぎんぞぉー


喧嘩弱い奴ってすぐビビルよな山本ぉん

一発当てられたくらいで上下関係決められると山本ぉん


「お前、生意気な態度とってんじゃねーよ!どれだけ皆に迷惑かけたかしってんのか?」

ここで俺もぶちぎれてしまった。ここで切れなかったら一年棒に振らなかった
「おい。藤本さんよー、ここじゃ皆に迷惑かけるから表で話しましょうや。俺あんたとは
一度じっくりはしたかったんや」
怒りすぎて記憶にないんだがたぶん、こんな感じで話してたと思う。
藤本の髪の毛を引っ張り表に引きずりだそうとする
「おい!山本!」
安達さんが怒鳴る。
「すいません、安達さん。殴らせてください。抑えがききません」
「うるさい!落ち着け。お前首だ!藤本に手を出すな!」
クビ?こんなに一ヶ月頑張ってきたのに精神的に自分を追い詰めいてきたのに…
その場で藤本の顔面を蹴り上げる


山本死亡フラグ?


頭に血が昇り藤本に蹴りを入れたがとりあえずそこで頭の中は冷静になるが

俺は脅すように安達さんにどいうことですか?!と尋ねる
「もう先月の負けでお前の解雇は決まっていた、ただそれは余りにも可哀想という
藤本の申し立てにより、お前を一ヶ月様子を見ていた。今月は金額はプラスになったが
お前は恩人の藤本の気持ちを知らず、藤本にはむかう様な視線を常に送ったり
今日に限っては暴力だ。お前は使えない。輪の空気を乱す。お前がいたから
プラスもたいしたことなかった、藤本がお前に指定していた台は一番自信がある台を
お前に打たせていたんだ、収支は100万くらいになっていてもおかしくない
お前が悪い。清算してもらう」
まあ、こんな続けては言ってないが様は藤本が俺に助け舟を出していたのに
自分で全て失わせたわけであります。


自分はなかなか換金できないのに山で監禁されるとは


>藤本が俺に助け舟を出していたのに

自分で全て失わせたわけであります。
ばかなんだなー


(^虫^)←ごめんこれ無視して

でももう頭に血が昇っててなんでも聞いてやるよ!明日に50万揃えればいいんやろ!?(無理)
みたいな口調で安達さんに食ってかかった
でも安達さん、俺が無職なのしってるし、俺の住所やアパートの名義が会社なのも知ってる状況だから
お前がすぐに50万揃えるのは無理だろう。働け。働いて50万補填しろと言ってきた
「働けって言っても、またスロですか?今度はゴトでもしろっていうんですか?!」
「お前、若いし体力はあるだろ。お前の大好きな建築関係だ。そこで働いてこい」
また金田さんがいる前の会社で働けっていうのか?
それともこのおっさんあてでもあるんか?
という感じでその話を聞いた。
「避暑地にお忍びで有名人達が来れる、リゾート地を作っている。お前はそこで働いて来い」
「金田さんの繋がりですか?」
「行けばわかる。明日、お前のうちに迎えに行く。逃げるなよ」
もう嫌な予感しかしなかった


山本ー、これカイジだぞー


山本カイジワロタw


でももう腹をくくるしかなかった

逃げるのは簡単だが実家に連絡いくのは勘弁だし
ここで逃げるとこのグループに一生食いものにされそうで行くとしか言えなかった
「アパートの部屋代もお前の給料から引いておくから、安心しろ。金田にも言っておく」
でもまあ、また建設に戻るだけだし、50万ならすぐに返せるし
半年くらいで縁が切れるならそうしよう。
最悪、働きはじめたらサラ金から借りて50万返そう。
そんな楽天的な感じで俺は、長野への準備をしに家に帰った


プラスを出しても時給換算の賃金と少ない手当て

マイナスを出すと全て借金扱い。
輪を乱すとソレが原因で全体の利益が減ったと文句を付けられ借金扱い。
なにこれ怖い


美味い台なんて打ち方知ってれば誰だって勝てるんだから負けたのは糞台当てた会社の責任だろうが

つかマイナスになったら借金ってどういう事だ
本当にパチンカスってゴミの集まりだな


とりあえず家に帰り、半年は帰れないなと思っていたので

冷蔵庫の中身を掃除したり、部屋の掃除をした。
建設業は良くキツイしごとと思われがちだが
実はそこまでキツクない。
俺がキツイと感じたのは夏の暑い中での炎天下の作業か
現場が遠くて満員電車が苦痛だったことくらいだ。
とりあえず、使いそうなラチェットやドライバー、番線カッター等
着替えなどの準備をしてその日は明日に備えてゆっくり寝た


朝、池谷(仮名)という男が迎えにきた

約束では9時だったはずだが、池谷は6時に部屋に来た
「おい、いつまで寝てんだよ。おきろよ!」
池谷は年は30歳くらいのどう見てもDQN丸出しの男
ズボンはスウエットを履いており上はスカジャンを着ていた
非常識だなと思いつつ
「すぐ準備しますので」と言い
部屋の電気、ブレーカー、水の元栓、全て確認し
池谷が運転する車に飛び乗った


「すいません。おまたせしました」

「おせーよ。いわすぞコラ」
やっぱり性格も最悪みたいだな。と思い俺は黙って車のラジオを聞いていた
一時間走った頃だろうか
「おい。次のパーキングエリアでお前、後ろのトランクに入れ」
は?
意味が分からなかった。
「冗談ですよね?w」
「お前、俺が冗談いってるようにみえるの?」
冗談じゃなかった。俺は言われた通り、トランクの中に入った
「携帯は俺が持ってるから」
池谷は俺から携帯をとりあげた
狭いトランクの中で助手席では吸えなかったタバコに火をつけ
俺どうなってしまうんだろう、大丈夫なのかなと思いながらタバコをふかしていた


ここからが修羅場か


トランクの中に入って一時間ころだろうか車がとまった

ここで後に作業で迷惑をかける島田さんが搭乗することになる
「おい島田!はやくのれよ!迷惑なんだよ!」
池谷が島田さんに罵声を浴びせている。
島田さんは泣きながらヒイヒイ言ってるようにも聞こえた
島田さん建築に相当なイメージを抱いているんだな。
でもこれから行くゼネコンはそうとう悪質な会社かもしれない
こんなヤクザみたいなやつがいる業者を使っているんだから、そうとうブラックかもな。
などと考えながらトランクの中にいたのだが
自分の考えてた世界に行こうとはこの時は思っていなかった


下手したら事件になってたな


というか車のトランクに乗った時点で

「○人事件の被害者になるな俺」とか思わなかったのか?


遅くてすまん

前フリ長すぎた
もしその間に埋まったら次はその日暮し板にたてるから
そこで見てください
質問も受けつかないとな


こぇえー・・・・


何時間走っただろうか?携帯もとりあげられて時計関係も鞄の中にある俺に

時間はわからなかった
「ついたぞ!島田!目隠しとれコラ!手錠も外すから動くな!」
島田は手錠!?そこまでするのか?まあでも途中逃げられたら池谷も大変だもんなと思いつつ
俺のいるトランクを開けられた
「早くでろ!…お前、タバコすわんかったか?こんなかで?」
「いや?吸ってないですよ?匂います?」
「気のせいか。早く降りろ!」
もし吸ったなんてあの時言ってたら半殺しにされてたかもしれない
とりあえず外に出て辺りを見回してみる
リゾート地の工事と聞いていたがそんな感じではない。
山の中の沼地でけしてそんな感じの所ではないと言う印象だった
「歩け!」
池谷に言われ、場内に入っていく
〇〇建設?聞いたこともない名前だな。
工事現場では10人程度しか作業をしていなかった


その状況で池谷も大変だもんなとか

人の心配かよwwww
山本ー!優しいなぁ


作業員の見た感じはけして職人という感じではなく

くたびれたおっさんばかり。
これで本当にリゾート地を作れるのか?
しかもまだ更地にしてるだんかいじゃないなかと言う思いだった。
「お前ら、今から誓約書書いてもらうから事務所まで来い」
池谷に言われて島田と事務所に向かう
「失礼します」
入ってみるとそこには現場監督らしき男が一人、テレビを見ていた
「おう来たか。まあ座れや」
パソコンも何もない事務所。
これで本当に活動できてるの?っと思うほどの何も無い事務所だった
「山本と、島田な。山本は現場で働いてたと聞いたが本当か?」
「はい。3年くらい経験があります」
「そうか。島田はないんだな。じゃあ、ここにサインして。」
サインを終え、池谷に現場の説明を受ける


「すいません、池谷さん。質問いいですか?」

「答えられる質問にはな」
ニヤニヤしながら池谷が俺の方を見る
「工期はいつまでなんですか?後、作業員はこれで全員なんですか?」
「作業員はこれで全部だぞ、お前ら合わせて12人」
工期のことについては答えてくれなかった
「お前らは明日から働いてもらうからな。そうだ、言い忘れてたが
お前らの日当は2万な。もちろん飯代と住居費は引くが」
2万!それならすぐに50万の補填くらいできそうだ!
住居費は最悪一日3千とられても、飯代は一日2千がいいところだろう
一万五千はうくじゃないか!
なんだ優良会社なのか?と思いつつ
寝泊まりする部屋につれていかれる


寝泊りする部屋につれてこられるとそこは20畳くらいのプレハブ小屋の2階だった

一応、畳は敷いてあるが臭い。畳がくさっているのもあるが
酷い汗臭さだ。獣のような匂いもする
「すぐになれる。とりあえず布団と食器類を渡すから下についてこい」
池谷にそうは言われたがとてもじゃないがすぐになれそうな匂いではなかった
一階で池谷から布団を渡される
俗にいうせんべい布団。安物だな
食器も一式渡される。
「じゃあここサインして」
サイン?貸し出しなのか?
誓約書をもらい読んでみる


布団一式 一日1000円

食器一式 一日 300円
はあ?
こんなのにも金とるの?
ちょっと待てよ。計算がだいぶ狂った
「すいません、これ二つで一日1300円するんですか?」
「毛布もほしいならいえよ。毛布は一日700円だ」
これは計算がだいぶおかしくなりそうだ。部屋代も聞いてみた
「部屋代?一日3000円だよ」
ほっとした。それでも一万五千が一万3700にまで落ちたのだから堪らないが
「自販機とかもはここにあるから」
プレハブの裏に自販機があるのでみに行ってみると
スーパーで30円くらいで売ってそうなジュースが300円
コーヒー450円 炭酸400円 ビール1200円
ホテルの自動販売機も真っ青の値段で売ってある
一応タバコの自販機もあるがそれは正規の値段で売ってある
とりあえずタバコを買おうと思い300円自販機にいれる
でてこない
近くにいた池谷に出てこないと伝えると
売り切れセンサーが壊れており、お金を探知しても商品は出てこないのもあると言われる
(あとから分かったことで5割ででてこない)
「お前ら、今日は歓迎会するから一芸の練習してろよ」
一芸?困ったななにもないぞ・・・


リアルカイジktkr


ボッタクリバーもまっつぁおだな・・・


カイジ×ウシジマくんだな


とりあえず部屋の中に入り窓を開けようとするも開かない

全部外からロックがしてある。2階なのであけようがない
匂いがたまらないので換気扇をつけようとするもコイン入れがついている
5分200円
信じられない。これだからこんなにも匂いがこもるのか。
とりあえずタバコに火をつけて島田さんと話してみる
島田さんはバカラで作った借金でここにきたらしい年は40とのことだ
借金の金額を聞くとおよそ400万
完全に詰んでいる。
ジュースは高くて飲めないから水を飲みに水のみ場に行く
紙コップが一つ30円で売ってある。
水に関しては1分100円のコイン方式だ
これでは満足に歯も顔も洗えない
でも、極力我慢すればどうにかなるものだろう
シャワールームを覗いてみる
5分水1000円 5分お湯2000円
信じられない。シャワーもろくに浴びれないのか
これは水道で体を拭くしかないなと思い
くだらない一芸を考えつつ歓迎会の時間になった


細かく徴収するなら給料から引けよ

釣りじゃないならこの会社あほだろ


リアルカイジワロタ


そんなもん一々コイン方式してたらいくらかかると思ってんだよwww

最初から日当5000円で働かすわ


監督が拡声器を持ってはいー。終了ー。おつかれさんー。と言いながら歩いてる

池谷が「降りろ。お前らもしたの飯の準備手伝え」と言って部屋に入ってきた
どうやら食事は池谷が用意してるらしい
「どうだうまそうだろう。今夜はすき焼きだ」
けして美味そうな肉でもないし、これは山からとってきた野草ではないのか?
っていうほどおそまつなものである。
作業員達が帰ってきた
「お疲れ様です!」
作業員達は池谷に大声で挨拶する
「おう。くせーからあんまよんな」
池谷と、作業員はかなりの上下関係があるようだ
「両替おねがいします!」
作業員がそう言うと池谷は財布から千円札十枚取り出し床に投げ捨てた
「早く、金拾う前にこっちにわたせよ!」
「はい!すいません!」
この時はこいつ最低だなと思っていたが
自分もすぐ後には池谷との上下関係にしたがってしまう


とりあえず俺達の歓迎会が始まった

集まった人数は監督、池谷含めて18人
あれ?作業員は俺達合わせて12人で監督達合わせても14人のはずだが…
残りの4人はウロウロ監視してる役らしい
「とりあえず。食おうぜ」監督がそう言う
監督と池谷は俺達16人とは違う食べ物だ。池谷がガストか何かで
買ってきた弁当やら惣菜やら揚げ物だ
「いただきます…(うわ、やっぱりくさい)」
なんとも言えない野菜の青臭さはやはり野草というかなんの食べ物かわかったものじゃない
そこで自己紹介と共に一芸を披露しろと言われる
皆に自己紹介した後。俺は適当に小島よしおのマネをした。
あんのじょうまるっきり受けなかったが。
島田さんはいっこく堂のマネをしていた。
全然、声が遅れてなかったし哀愁すら漂っていた。
「おう山本!酒のめ!」
「はい。いただきます」酒一杯700円
「卵どんどん使え!」
「ありがとうございます」卵一個350円
清算の時に驚く金額になる


だいたいの人の名前も飯の場で聞く

植木さん(仮名)が俺の酒を一杯でいいから飲ましてほしいとせがんできた。
まあこれから短い間だけどつき合うしいいかと思って一杯おごった。(この時はお金が発生してるとは知らず)
植木さんの年は50くらいだろうか?もっといってるかな?
とりあえずやせ細り、体に病気があると言ってもおかしくはないほどの体格だった
一番、若いのが俺で27。次に村上さんが30後半という感じ、島田も若い部類に入っていた
歓迎会は約2時間でお開きとなった
池谷にコピー用紙を渡される
「はい。これね。給料から引いておくから」
部屋使用料2時間15000円
電気水道ガス光熱費4000円
すき焼き2000円
鍋使用料2時間3000円
酒代6300円
卵代1050円
消費税5%
え?ざっとの計算だがこれだけで3万円??
わけがわからなかった


すき焼きだけリーズナブル


「え?これって。。。」

「金が発生するのは当たり前だろ」
池谷はそういうと作業員ではない4人に指示を出す
どうやら言っても話を聞いてもらえそうに無さそうだ。
あの4人はなんなんだろう?
監督側の人間としては扱いが悪いし
いや、そんなことよりこんな金使わされていたら50万補填するのにも
半年以上かかるここは慎重にお金の使い道を考えよう
部屋に戻り一番話しがわかりそうな村上さんに色々聞いてみる
「僕、少し建築の世界にいたんですが今の状態だと完成には何年かかるか
わかりません。本当にあんなペースでいいんですか?」
「いいんだよ。俺達はただ掘り返して埋めて、掘り返して不要な石やらとって
埋めての繰り返しなんだから。。。」
俺は耳を疑った


「掘り返すだけって、ここに建設物をたてるんじゃないんですか?」

「いや、掘り返すだけさ。ただ将来的には何か建造物が建つらしいよ」
話が読めない。
村上さんに聞いても俺にも工事の詳しいことは分からないんだと言われる
島田は一人ふさぎこむようにタバコを吸っている
植木がタバコ一本くれと言ったらすぐ渡しているようだ
今からの地獄の事を考えてしてない行動に俺は島田に腹が立った
そんなに簡単にあげてちゃ、すぐなくなるだろ!
その日は酒の力もあり布団に入るとすぐに寝てしまった
俺は警戒心から財布を布団の下にいれて寝た
次の日の起床時間は6時だった
案の定、次の日島田の財布からお金が盗まれていた


「おきろー!急げー!」

昨日の確認メンバー4人のうちの一人だ
池谷がやってきた
「よし!点呼するぞ!名前呼ばれたらすぐ返事しろ」
池谷が一人ずつ名前を呼んでいる。
逃亡者確認なんどだろうか。
点呼が終ると、よしお前ら朝食前の洗顔、歯磨きだ!と言い
強制的に顔と歯をアラワセル


ちょっとは急ぐ気配をみせてくれよ


はい。すいませんでした

終らせます


では簡潔に行くぞ。

結局、一日の手取りが2万なんだが
なんだかんだで一日1万5千引かれるわけね。
部屋代とかはマシなんだが飯代が時価のため
結局なんやかんやでその月の明細をもらったんだけど
50万給料貰ってるのに。手取りは4万くらいだった


掘って埋めての繰り返しでどこから建設会社に金が入るの?


てどりがじゃこれじゃ50万補填の方にお金は回せない

正直何のために働いてるか分からなくなっていた
次の月も2万くらい
その次もその次も
そして夏が来た。今年ほどでは無いけど本当に暑かった
熱中症なんていつもの貧相なおかずじゃ塩分が足りないし
スポーツドリンクなんて今の時期は500円する
自分の汗を舐めて塩分を補給するしかなかったんだが
当たり前のようにバタバタみんな熱中症で倒れた


そこで池谷が熱中アメというのを最初は無料で

一日三粒800円で売り始めた
これは確かに効いたのだが
島田さんは熱中症の後遺症でてんかんを発作で起こすようになった
俺は正直うっとうしいなって思った
発作をおこしたら部屋まで送らないといけないし
体力だって俺達もないんだから


一年で48万…


半年くらいしたと思う

島田はどこかに消え、新しい作業員も何人か増え
池山さんとなんと同じ現場で会えた
どうやら池山さんが入っていた現場は本工事の方がはいり
池山さん達はおやくごめんでこちらの現場に流れてきたそうだ
池山さんは安達さんのグループでおよそ100万程の補填を命じられ
タコ部屋に入れられたということだった
池山さんは酒も飲まないし、タバコも吸わない
それでいくら減ったんですか?と聞くと
8ヶ月入って11万しか減っていなかった…
俺も6ヶ月で9万しか減っていなかった


「池山さんどうなんですか。俺この計算だと後2年はこの生活続けないと

返済終らないですよ」
「俺なんて後9年はかかる」
絶望した。
最短2年なだけで仕事の賃金を減らされたり
怪我なんかしたら全て終るのだから


池山さんと相談しあった結果、安達さんに連絡して

もう一度、どうにか考え直してくれないかそうだんしてみることにした
しかし、連絡するすべがない。
とりあえず飯の時間に事務所にもぐりこんで電話をするということで
2人でチャンスをうかがった
連絡係りは池山さんだ(長年付き合いがあるらしい)


がおかしいのか、俺がおかしいのか


世界がおかしい


チャンスはやってきた

その日は歓迎会で監督、池谷がベロベロに酔っていたからだ
池山はさっそうと監督の事務所に行き
安達さんに今の近況を伝え慈悲をお願いした。
池山はチャンスを貰った。もう一度と
池山はもらったが俺にはもらえなかった


池山が部屋を出るとわかったのは当日(退出)の夜だった

悔しかった。
池山をちゃんと見れなかった
池山は出て行くときに俺の事も頼んであげるとは言ったが
焼け石に水だろう
そう思い、独り言をぶつぶつ言いながら仕事の絶望感に押しつぶされそうに
なっていた


ついに一年がたとうとしていた

俺の50万の補填はまだ17万しか終っておらず
仕事も穴を掘っては石を取り除き、また穴を埋めなおす作業
不味い飯に満足に浴びれないシャワー
もう何もかもが嫌になっていた。
スコップで自分の首を切り落とそうなども考えたがそんな事できるわけも無く
許されるはずもない、安達さんの許しを待っていた
そんなある日、ふと安達本人に頼むよりもっと効率的な方法を思い出す。
次で終わります


まつてました


そうだ。安達さんを俺に紹介してくれた金田さんに頼んでみよう

あの人は金使いはおかしいが、面倒見だけはすごく良くしてくれるし
俺は鞄に入れていたメモ帳を取り出し金田さんの番号を何回も読んで暗記した
電話できるチャンスを待つだけだ
それは以外にも早く来た
特に歓迎会とかではないのだが作業中に一応、県の視察とかが来るのだが
その対応でゲートを池谷と同時に出て行くのを確認したからだ
後は、見張りの連中だが
実際こいつらは逃亡とか大きな事をしないとめったに近づいてくることは無い
しかも県の視察がいる手前、あまり大げさな行動はできないのだ
俺は急いで事務所に金田さんに震える手で電話した
携帯番号は変わってなかった。すぐに助けてくれないか?安達さんになんとか言ってくれと頼んだ
正直駄目元だったが…
3日後
池谷が俺のところに来て、「お前終ったから。明日夜に駅まで送るから金と
荷物と、布団、貸し出し品全部清算して」
と言われた。少し期待していたもののここまであっさり決まるとは思わずその場で嬉しさのあまり号泣した
結局、次の日に全て清算し終わり、俺はその月の給料6万を持って帰った。
終わり


はい。

詳細終わり
質問受け付けますよ


オチは?


金田って誰だっけ


ビール3000ペリカとかじゃねーのかよ!


何故最後の詳細だけ省くのか


質問

で、今なんの仕事してるのさ


去年の話っぽいけど先月社会復帰するまで何してたの?


その山の現場から一番近い駅教えなさい


タコ部屋でも最低体調管理ぐらいはするよ

とくに塩飴とか、一人頭月何百円程度もんだぜ


金田なにをした・・・


結果恩人の金田

お礼とかした?www


あっ、金田さんに謝礼はしてないです。向こうが固辞しました

ただ感謝はしているのでお金の付き合いは無しに、仲良くしてもらおうと思っています
すいません
では。


とりあえず


他のタコ部屋の奴らのためにも警察行ったほうがいんじゃね?

これ一歩間違ったらお前も死んでたぞ


結局
は金田よりクズだったてこと?


これ、なんてカイジ?


グループの藤本も、実は現場の経験者で池山みたいに復帰してて
をかばったとか?


埋めて掘ってってのは建設会社がここで作業してますよ~って国に報告して公共事業的な金がガンガン下りてきてんじゃね?もちろん役人にキャッシュバックありでさ

建前でも県の視察が入ってるみたいだし。人を雇って意味のない作業するだけで金が入るんだろうな


完結してたのか

山本ぉーもうパチ●コなんかやるな山本ぉー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。