クラスの女子オカズにしたことを本人に言ってシコティッシュ見せた



あ、聞いてくれるんだ

ありがとね
まあ魔が差したっていうのかな
ついセクハラめいたことがやりたくなっちゃってさ
俺が工口いのは女子には知れ渡ってたしさ
そういう工口い冗談みたいな感じで言ったわけさ
昨日お前オカズにしてシコッたわ
すげえいっぱい精液でた
って感じでね
そんでシコティッシュをその子の手にのせたわけ



実際すげえいっぱい出てさ

シコティッシュも飽和状態だったのよ
で不幸にもまだ乾いてなかったと
要するに俺の精液がその女子の手にぺとっとくっついちゃったみたいなんだな
見る見るうちに引きつった顔になる女子
にやにやする俺
ざわつく周囲
登場する先生
説明するブス
慌てる俺
泣く女子


つい、でやるレベルじゃねーだろ…



当然親に連絡された

怒られる俺
女子は女子で自分の親に言ってやがって
夜、親御さんお怒り電話がマイホームに響く
それからすぐ親父、かーちゃん、俺でその女子のとこへ謝りに向かったわけ
でもさ、なんて謝れば良いのかわかんないじゃん?
精子のせてすいませんでした?
娘さんでシコってすいませんでした?



まあ俺の考えの結論がでるまえに女子の家についちゃってさ

インターホン押して中に入れてもらったわけ
まず親父、おふくろが相手の親御さんに謝った
このたびはうちの息子がなんとかかんとか…みたいな
もう土下座よね
相手の親御さんはもうぶち切れモードでギャーギャー言ってた
女子は話聞いてる途中で泣きだした
俺はずっと下剥いてた
でぼーっとしてたらぶち切れ親御が俺に振ってくるわけ
で?君はどう思ってんの?反省してんの?ってさ


下剥いてるのかよ

チャレンジャーかよ



仮性か


その場面で剥いてたら誰だってブチ切れるわ


次の発言は分岐点だな


謝ってる親の横で剥いてたのか


変態の卵


焦ったよねイキナリ俺のターンきちゃったんだもん

で考えはまとまらないしとりあえず謝れば良いかと思ってさ
女子ちゃんでシコってすいませんでした…って
さも申し訳ないように言ったわけ
この時隣の親父がちょっと下剥いて笑い堪えてた
そんですげえ申し訳なさ前面に出してシコってすいませんでしたって謝ったんだけどさ
向こうの親御さんが言うわけよ
いやそれはもう良いよ、そこじゃないでしょ!!ってさ
この時冷静な状態なら、ああティッシュ乗せたほうかってなるんだけど
こんな修羅場人生で経験したことなくて天パってた俺は
「それはもう良いよ」しか頭に入らなかった
つまり、女子でシコることが許されたと思ったんだな
そう思いこんだもんだから嬉しくてさ
良いんですか!?これからも女子ちゃんでシコって良いんですか!?ってさ
言っちゃった


アスペwww


わりと面白いんだけど


親父ぃ…


ふふっとした


ここで娘さんくださいって言えないから道程なんだよ

俺も道程だけど


怖い



ワロタ


まあ良いわけないよね

向こうの親御さん完全にぶち切れメーター振りきっちゃってさ
良いわけないだろ!!二度とうちの娘でシコるんじゃない!!ってさ
この時不意打ちで向こうの親御さんからシコるなんて言葉出てきちゃったもんだからさ
俺の親父が噴き出しちゃってさ
笑いごとじゃない!!みたいに親父まで怒られちゃって
結局何か紙に二度と女子ちゃんでオ●ニーしません
女子ちゃんに精子のティッシュ見せませんって書かされてさ
ボイン押せって指ペッたんさせられたよ


ボインを……



ちょっと面白い


女子ちゃんのボインおしていいんですか!


わりと好きなんだけど


帰り道は悲惨でさ

親父のやつかーちゃんにまでなんで笑ったの!!とか怒られててさ
まあ怒りの矛先が俺じゃないから良いかみたいな感じだったけど
家に帰ったら俺のクラスメイトコレクション見つけられて破棄されたのは
マジで悲しかった
俺はずっとこの件を引きずっててさ
いつかこの誤解が解けて
何のわだかまりも無く女子と話せる日が来ればなって思ってた
で、ここまでは中学時代の話なのね
そこから時を経て先月成人式だったわけよ


まさかのここまでが前置き


なかなかワロタ

親父いいキャラだなw



壮大な物語の序章であった


映画化決定


成人式で再会したわけだな


こんなチャンスはめったにないからさ

俺はなんかドラマティックな演出で女子との仲を取り戻そうと考えた
そこで俺が採用したのはCMで見た「覚えてる?昔ここでキスしたこと…」みたいなあれだ
俺はああいうニュアンスで何かこうぐっとくるものがやりたかった
そうすれば俺と女子の間の壁は壊れて
昔みたいに笑いあえるんじゃないかって思ったんだ
成人式じたいはわりと普通でちょっとがやがやして
やんきーっぽいのもいたけど
警察沙汰とかは全然なく終わった
で終わったあとに中学とか高校の友達と話しつつ
俺は女子の姿を探した



そして女子と仲良かった別の女子を見つけて

そいつに女子見なかったか聞いた
で向こうにいるよーって教えてもらって女子の元に向かったわけ
そしたら女子も中学んときの友達達と話してた
そこへ華麗に俺登場だ
俺の中ではあのCMの男みたいに俺は最高にイケメンなわけだ
だからクールにその環の中に入って行って
女子の手首をつかんだ
女子は驚いたけど、俺が誰だかわかって、あっ…久しぶりって言ってくれた
そこで俺は女子と話してた連中に
悪い、ちょっとこいつ借りてくって言って女子の手首を引っ張って
成人式の騒がしさに背を剥けて歩き出した
後ろからヒューヒューwwwwみたいな声が聞こえてたし
女子は戸惑った感じだけど
俺はもうとまらなかった



しばらく歩いてると女子がどこ行くの?痛いから離して!!とか言ってきた

かなり道端だったけど成人式の奴らはいないし
人通りもそうなかったから俺はその場で壁のぶち壊しに取りかかることにした
あのさ…覚えてる?俺が言った
女子ははっ?みたいな顔をしたあとしばらくしてあー…あのこと?みたいに言った
覚えてた
女子が覚えててくれた
まあ当然なんだけど、俺は嬉しかった
だからもう次に言うべき言葉なんて全部飛んじゃって
もう夢中でポケットからシコティッシュ取りだして女子に渡した
昨日お前でシコッたから!!これその時のやつだから!!ってね



創作でも鳥肌立った


普通に面白いぞ


なんで仲良くなろうとしてんのにトラウマ呼び起こしてんだよWWWWWWW


ちょっとワロタ


ある意味才能あるわ


紙一重で天才の方のバカだったか


俺はやった後気付いた

これじゃあの時と同じじゃないか
俺は自分でまた壁を厚くするようなことしてるじゃないかってね
女子のほうを剥くと女子は下を剥いた
手には俺のシコティッシュ
俺の頭の中には成人式で女性に卑猥な物を渡した変態が逮捕っていう未来まで見えてた
でも俺の予想は大きく外れた
女子は顔をあげてくすくす笑ってた
俺はわけがわからなくてぽかーんとしてた
女子は言った
変わってないね、またやったの?wwwってさ


キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!


懐広すぎだろ嫁にしたい


女の子の器のデカさに感動した



くそわロタ


急 展 開


目の前でくすくす笑ってる女子

俺はようやくわかった
ああ…許されたんだなって
それがわかるとなんだか泣けてきて
ああやったよ、また昨日お前でシコッたよってさ
涙を流しながら必死に笑顔つくって答えた
もう涙拭きなよって女子がティッシュくれて
俺はそれで涙を拭いた
それから落ち着くまで女子はずっと黙って俺のそばで待っててくれた
俺は深呼吸して、今までずっと許されたくて仕方なかったことを話した
女子はいつまでも怒ってるわけないでしょって笑って言ってくれた



全俺が泣き始めた


そのティッシュは・・


>もう涙拭きなよって女子がティッシュくれて

>俺はそれで涙を拭いた
ここで笑ったのは俺だけじゃないはず


きたねぇ


映画化決定


わろた


結構長いこと道端で話してた

気がつくともう夕方になってた
せっかく成人式で皆に会えたのに、皆と遊びに行けなかったじゃん
女子が悪戯っぽく俺に言った
ごめん…って俺は素直に謝った
そしたら女子はにこって笑って仕方ないし…二人でご飯でも食べに行く?って言ってくれた
俺は即効でおkした
俺はスーツだけど女子は振りそでで結構目立って
周りの人からよく見られた
並んで歩いててカップルと思われてんのかなーとか一人妄想した


アレなんかいい話


女の子がいい人過ぎて面白いわ



なんかいい話になっていたでござる


どこに行くか決めてなかったんだけど

せっかく成人したことだしお酒飲める場所ってことで
何か居酒屋に行った
そこがちょっとおしゃれな感じですげえちっちゃい個室みたいなとこに
横並びに座るタイプの部屋だった
狭いからかなり密着するし、女子の良い匂いがたまらなかった
俺も女子もビール飲んで中学の時の話をしばらくしてた
でちょっとずつ酔ってきたのか女子はあのことに言及してきた
俺君って私以外のクラスメイトもオカズにしてたの?wwwってね
俺はしてないよ、女子だけって答えた
それは嘘偽りない真実だから


してないよキリッ



いい感じになってるwww


お酒の力って凄い

女子はもうノリノリでその話を聞いて来る
私だけなの?そうなんだーwとか言った後
どうやってしてたの?写真とか?
どれくらい私でしたの?wとかノリノリで聞いて来た
俺はどの質問にも正直に答えた
女子の写真でシコったこと
口を開けて笑ってる写真でフ●ラを想像したこと
結構な頻度でオカズにしてたこと…
中学の頃のあの親御さんの怒りからは想像もつかないほど
女子はノリノリで楽しそうに俺と話をしてくれた
しばらく俺のオ●ニーの話に花を咲かせていたけど
ふとお互い黙っちゃう瞬間がきた



このあと感動の結末が…


もうティシューに出さなくてもいいよ//


先に口を開いたのは女子だった

なんで…私だけだったの?
ついにこの質問が来てしまった
俺の心臓はバクバクと脈うった
ここで言わなきゃ俺はただの変態野郎だ
もちろん俺が女子でシコったのは女子が好きだったからだ
女子は俺の方をじっと見ていた
中学の時からあんまり変わってなくて
まだ高校生くらいな感じの童顔
女子が答えを待っている
俺は覚悟を決めて告白した
女子のことが好きだから!!
思ってたより大きな声が出てしまって自分でビビった
女子もちょっとびっくりしてたけど
すぐにっこり笑って、早くそう言ってくれればよかったのにって言ってくれた


なんで涙が…


狂気に満ちてる


それからあの時の女子の気持ちを教えてくれた

女子はずっと俺のことが好きだったらしい
好きだったからこそ、オカズにされてド直球の下ネタを突きつけられたのが悲しかったらしい
俺はあの時とは違って心の底から謝った
本当にごめんって
女子は笑って許してくれた
好きな人のこといつまでも悪く思っていられるわけないでしょって
それからまたしばらく黙って
今でも私のこと好きかな?ってちょっと俯いて聞いて来た
もうね、俺の人生にこんな素敵なイベントが用意されてるとは思ってなかったね
もちろん俺は答えた
今でも女子のことが好きだって
ずっと好きだったって


ふぇ?


えんだああああああああああああああああ



涙出てきた


再び女の親父に殴られる展開じゃねーのかよ…


女子は嬉しそうに笑った

こうして俺達は付き合うことになった
人生初彼女だった
その後もしばらくそこで喋って飲んでた
けど夜も深まったし、そろそろここを出て次の場所に行こうってことになった
俺はその前にトイレに行った
用を足しながら考える
次ってなんだ
別の居酒屋か?
まさかホテルとか無いよな…いやあるのか?
いやないよな
コンド●ムの付け方とかわかんねーぞ
みたいなとこまでワクワクドキドキで考えた
そこで気付いた
俺、財布持ってくんの忘れた
それから店を出て、泣きながら歩いて家に帰った
一人で勘定をすませて帰る女子のことを考えると涙があふれて止まらなかった
携帯は着信拒否にした
俺は過去を捨てた
俺の実に5年に渡る淡い恋は終わった



食い逃げ…?


ん・・・?・・・うん


つまりどーゆーことだってばよ


なにこのもったいない感

なんなの


ひどい結末だなwww


普通に結ばれて終わりで良かったんじゃないか?


クズすぎワロタ


めんどくさくなったからってはしょりすぎ


財布忘れたって謝れば良かったのに・・


俺はこのオチ好きだぞ


なんで逃げんだよ!!


食い逃げオチとは予想できなかった


映画化決定


なんだよこれwwwwwwwwwwwwww

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。