インド行くんだけど、食べ物全部カレー風味なイメージ


その点で言えばカンボジアセレクトしても良かった


インドのカレーは日本のカレーと全然違う…


ラッシーの氷に注意


腹下すぞ


イメージじゃなくてホントにそうだから


マサラタウンだからな


イスラム圏に行けばケバブ食えるんだがな 外人がウロウロして良いかは知らん


ミネラルウォーターは蓋が開封済みになってないか毎回チェックな


基本米だぞ。 北のほうは小麦やし、食べ物に関してはまぉ味と癖を除けば日本と同じ


トロピカーナのグァバ味うまいから買え


インドはやばいらしいよ 日本人がインド行って水は気を付けてたけど歯磨きの時なら水道水で良いだろ と思ったら思い切り腹下ったらしい インド人に聞いたらほんとに毎日カレー食ってるつってたよ それと、電話すると毎度毎度車のクラクションが死ぬほど鳴ってる


衛生面はもう最悪と割り切った方がいいぞ 汚いという概念をとうに超えてる ってインド哲学専門の教授が言ってた


ていうかカレーってその家によって味が違うんだとさ 日本みたいに固形のルーなんて売ってなくて各家でいろんな作り方してんじゃないかな 毎日違うカレー、みたいな感じじゃないかな


もうさ ふりかけ持ってご飯に掛けて食えば良いじゃん


カレーってかガラムマサラの臭いが漂ってるよな


ほんと衛生面すごいよな。。。 ガンジス川とかもう最悪


チャイ(カレー風味)


インド哲学だとかは面白いんだけどな 仏教の教えもインド哲学と言えると思う 仏教自体がもともと宗教より哲学みたいな感じだし


死んだ牛さんの死体どーんって捨ててたの見た事あるから 衛生的には最悪であるわ


チベットの鳥葬ってのも どっちかというと自然に帰るというより 人は死んだらただの物だから、物は無駄なく大切に使いましょう という感じなのかもしれないね 釈迦は直弟子に、死んだら人間なんざただの物なんだから葬式なんかやらんように と言ってたらしいよ


宗教と哲学って密接に関わってるよね。 生き方について考え抜いた叡智が詰まってるから便利だなと思う


南インドのコーヒーは美味い チャイよりコーヒー


毒矢の例えってこんな感じ ある男が町に居ました。 その男は突然毒矢に射られた。 男は早く治療をしなければならなかったが 男は言った 「この毒の成分はなんだ、相手はどこから撃ってきた、相手はどこの民族だ、相手の名前はなんだ」 「そういう事がわかるまでは治療はせん!」て 男はそのまま死にました。 あの世の事をあれこれいつまでも考えているのは どうせわからん事なのだから、そんな事をしているうちに毒が回って寿命が尽きて死んじゃうよ みたいな感じですごいバカにしてる


あの世の事なんか考えてないでとっとと修行しなさいよ! 早く毒矢を抜いて治療をしなさい みたいな感じ


インドに半年いて下痢した事ないが カンボジアは二ヵ月に二回した 世界には更に汚い国もある


だいたいインドいったやつはあまりの不潔さにトラウマかかえてもう二度といくもんかってなる


ワイ3回も逝ったで

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。