アメリカでオタクの親友ができた結果www


アレックス「ええっ!?君は日本人なのに Lucky Star を知らないのかい!?」

僕「Lucky Star?流れ星かなにかの事?それともタバコの銘柄かな?」
ア「オ~(ひたいを押さえる)まじかよ」
僕「僕なにか変なこと言った?」
ア「じゃあ今夜見せてあげるから部屋においでよ」
僕「オッケー」
※これがアレックスと僕の初めての会話でした


ホモスレですね


ほ、ホモスレちゃうわwwww


で、結局のところ Lucky Star って何だったの??


※僕はアレックスと同じ寮に住んでいました

せっかく友達になれそうだったので、残り少なくなっていた日本のお菓子を
両手に抱えて僕はアレックスの部屋を尋ねました
僕「アレックスきたよー」足でドアコンコン
ア「空いてるよー」
僕「手が塞がってて開けられないんだ」
ア「今行くねー」ガチャ
僕「やあ」
ア「ファッ○×△□!?なんてこった、animeでみたことあるお菓子がいっぱいじゃないか」
僕「……anime?」
ア「おお!これが本物のポッキー!ひょっとしてチョココロネもあったりする?」
僕「さすがにチョココロネはないけど……なぜにチョココロネ?」
ア「いや、いいんだ。さあ、入ってくれ」ヤフー!ポッキー


ポッキー(意味深)

アメリカ人と日本人の国と人種と性別という固定観念を越えた愛の始まり始まり


ポッキーはオレオと同じ意味


※アレックスの住んでるとこは今までみたことのないタイプの部屋でした

厳密に言えばネットでは見たことありましたが、まさかアメリカで目撃するとは思いもしない部屋だったのです
壁にはアニメキャラのポスターが貼られ、棚には見知った漫画やアニメDVDの英語版タイトルが整然と並び、
ガラスケースの中には僕の知らないかっこいいフィギュアがズラッと並んでいました
そう、アレックスの部屋は完全な「オタク部屋」だったのです
僕「と、とてもかっこいい部屋だね……」


なんだ日本じゃないのかよ


ア「そうだろ!わかってくれるか!うれしいな!!これなんかはベラベラベラベラ」

僕「ちょっとまって、その早さの英語わかんないから、もっとゆっくりしゃべって」
ア「オゥ、ゴメンネ」
僕「わお、アレックスきみ日本語しゃべれるんだ」
ア「チョットダケ。日本のアニメを見ながら覚えたんだ」
僕「アレックスはアニメーションが好きなんだね」
ア「ノー!好きなのはアニメーションじゃなくてアニメだよ!」
僕「??」


らき☆すたかw


オタクかどうかは別としてアレックスのイイ奴感がハンパ無い


※アレックスによると「anime」と言う言葉は「日本製のアニメ―ション」を意味しているとのこと。

同様に「manga」という言葉も「日本製のコミック」という意味だとのことです。
僕「ふーん。日本ではトムとジェリーのようなカートゥーンでも、
ディズニー映画でも、全部ひっくるめてアニメっていっちゃうけどね」
ア「ノー!そんなのはアニメをインサルトしてるよ」
僕「インサルト?えっと意味は……侮辱する?過激なこと言うなぁww」
ア「それ電子辞書かい?すごいね、かっこいいね!」(スマホがまだ一般的じゃない時代でした)
僕「そんなにいい物でもないけど、まだこれがないとうまくコミュニケーションがとれないからね」
ア「そうなのか……なあ、英語なら教えてあげれるけど、どうだい?」
僕「え、どゆこと?」


どうだい?(意味深)


ア「そのかわりシュウには日本語を教えて欲しいんだ」

僕「おーなるほどね、僕がアレックスに日本語を教える。その代わりに君が僕に英語を教えてくれると」
ア「そういうこと」
僕「それならさ、昼に言ってた『Lucky Star』の意味を教えてくれない?ずっと気になってて」
ア「いいよ、じゃあさっそく再生するね」ピッ
僕「ん?どういう ̄ ̄」
テレビ「『さぁ始まるザマスよ』『行くでガンス 』『フンガー』『まともに始めなさいよ』」
※らき☆すたのノンストップ上映が始まりました


聖書と一緒で人によって解釈が変わってくる

もってけセーラー服は、そんな曲


※当時らき☆すたの存在は知っていた僕でしたが、連続で何話もアニメを見るということがなかったので

ア「いいかい、ここからのシーンが面白いんだ」
僕「うん……そうなんだ……zzz」
ア「起きろシュウ!寝ちゃダメだ」ガクガク
僕「アレックス、今夜はもう疲れた。寝かせてくれよ」
ア「ノー……ここからがいいところなのに」
僕「また明日も見に来るからさ」
ア「……オッケー。それじゃあいい夢を、シュウ」
僕「お休み。アレックスもいい夢を」
※こうして僕たちは友達になりました


リアル今夜は寝かせないぜ状態


良い夢をって実際は何て言うんだい?

映画とかの日本語吹き替えじゃ良く聞くけどさ
Have a nice dream みたいな感じなのかい?


ア「シュウ、こんなこと言っていいかわかんないけど……」

僕「どうしたの?何でも言ってよ」
ア「……どうしてもチョココロネを食べてみたいんだ」
僕「ああ、らき☆すたの一話でやってた奴ね」
ア「そう!シュウはチョココロネをどうやって食べるの?」
僕「僕はお尻のほうからいっきにたべるかな」
ア「どっちがお尻?」
僕「太いほうだよ」


ア「ああ、君はツカサと同じ考え方なんだね」

(ツカサはらき☆すたのキャラクター。
コロネが貝殻のようだから細いほうが頭で太いほうがお尻だと考えている)
僕「うん、そうだよ……(チョコレートが溢れてくるからお尻みたいだなんてゼッタイ言えない)」
ア「あぁチョココロネ食べてみたいなー。どんな味がするのかなー。日本に行きたいなー」
僕「そんなに食べたいなら作ってあげようか?」
ア「ユー、シリアス?(マジで?)チョココロネ作れるの?!」
僕「うん、学校の授業で作ったことあるよ」
ア「おお~我が神よ!シュウと出会わせてくれたことに感謝します」
僕「そんな大袈裟な……あ、でもここオーブンないから作れないね」
ア( ゜Д゜)


太い方は頭だと思っていたぜ……


アメリカにも俺らがいたのか


チョココロネってアメリカにもあるだろ?ないの?


味の再現はパンにチョコ塗ればいいだけ


僕「ほら、このキットカットたべて元気出せよ」

ア「( ゜Д゜)」ムシャムシャ
僕「どう、気に入った?」
ア「なにこれ……すごくいい香り……」ムシャムシャ
僕「グリーンティーフレーバーのキットカットだよ」
ア「色もきれいで……こんなの初めて」ムシャムシャムハー
僕「あれ?こっちにもグリーンティーフレーバーのお菓子売ってるよね?アイスクリームとか」
ア「マジで?視界に入ってなかった」
僕「じゃあそのうちスーパー買いにいくか」
ア「よし、行こう!今すぐ行こう!」
僕「今すぐ?そんなに気に入ったのか。バスあるかな」
ア「車運転するから!ホラ行こう!ナウ!」


即行動ってのがアメリカ人らしいな……

いやもちろん物臭の人もいるだろうけどさ
アレックスいいやつだわ


僕「アメリカは広くてどこ行くにも車が必要だよな」

ア「日本は違うの?」
僕「うちは近所にコンビニエンスストアーがあったし、自転車でちょっと行けば大概の物は買えたかな」
ア「便利なんだね。そういえばこっちでの買物はいつもどうしてるの?」
僕「バスに乗ってスーパーまで行ってる」
ア「ふーん。大変だね……。よかったら車だしてあげようか?」
僕「ほんとに?助かるよ!……でも迷惑じゃない?」
ア「こっちも買い物行くついでだしさ、問題ない」
僕「僕も運転を手伝えればいいんだけど」
ア「免許持ってないの?」
僕「日本のは持ってるけど国際免許にする時間がなかったんだ」
ア「へー。シューはスティック運転できる?」
僕「スティック?」
ア「ほら、ギアのついてる……オートマチックじゃない……」
僕「ああ、ミッションね」
ア「ミッション?」
僕「あれ……まさかミッション車って和製英語?」
※和製英語でした
ア「アニメ聞いててもたまに変な英語出てくるんだよね。面白いけどさwww」
僕「なんかごめん」


TIL

MTをスティックと言うのか


スティックの運転


僕「ないなグリーンティーフレーバー」

ア (´・ω・`)ショボーン
僕「僕の勘違いだったかも。……ほら、晩ご飯おごるから元気出せよ」
ア「……それならさ、行ってみたいお店あるんだけどいい?」
僕「う……そんなに高級じゃなければな」


外国人ネタの(´・ω・`)ショボーンほど可愛いものはないよなwww


ア「タダーッ(ジャジャーンの英語版)」

僕「おお、こんなところに日本食のお店があるのか」
ア「入ってみたかったけど一人じゃなかなか入る勇気がなくて。」
僕「なるほど。入ってみるか」
店「いらっしゃいませー」
僕「あれ、お店の人日本人なんだ」
店「2名様、カウンターでもよろしいですか?」
僕「はい」
店「ではこちらへどうぞー」
僕「……(どうしよう目の前に寿司握ってくれる職人がいる……カウンターってこう言う意味かよ……)
ア「どうかしたの?」
僕「大将、すいません……ここってカード使えますか?」


大「カード?使えますよッ!でもうちはリーズナブルだから気にしなくても大丈夫。ハイ、メニューです」

僕「あ、ほんとだ安い。いやぁ、こんな立派な席通されちゃってどうなることかと思いましたよ」
大「ハハハ。うちは私が趣味でやってるようなもんですからね、お安くしてありますよ」
僕「こんな素敵な店があるなんて、もっと早く知りたかったな」
大「お客さん、そこの大学の?」
僕「そうです」
大「それじゃあ今後ともごひいきにお願いします」
僕「ぜひそうさせてもらいますよ」
大「ところで……お連れさんほっといていいんですか?なんかポカンとしてますよ」
僕「あ、すいません。アレックスどうしたの?ぼーっとして」
ア「So cool……」
僕「へ?」
ア「なに今のやり取り。超カッコいいんだけど」
僕「いや、たいしたこと何も言ってないんだけどwww」
ア「それでもなんか日本映画のワンシーン見てるみたいだった」
僕「たしかにここの大将、ベテラン俳優のような風格があるね」
大「ハハ、二人とも嬉しいこと言ってくれるねぇ。今日は最高にうまい寿司握りますよ!」


大将までいい人とは


僕「あぁ~幸せ……このカニ汁がまた、絶☆品……」ゴクゴク

ア「SUSHIってこんなにおいしかったんだ……」ボー
僕「ねえアレックス、どれが一番おいしかった?」
ア「ツナもおいしいし、サーモンも最高だった……でも一番のお気に入りは海老フライロールかな」
僕「(こんなとこまで来て海老フライロールかよwwwまあ、たしかにおいしかったけども)」
僕「そういえば大将、なんでアメリカの巻物は海苔が内側に巻いてあるの?」
大「こっちの人は見た目が黒いと警戒して食べないんですよ」
僕「ああ、なるほどー」
大「だからこんなふうに海苔を内側に巻いて派手にデコレーションするのがアメリカンスタイルなんです。はい、海老フライロールお待ちッ」
ア「イタダキマース」
僕「まだ食べるのかよwww」


最高にうまい寿司(意味深)を握りますよ!


アメリカ人のオタクはFPSやってるんだよ

奴ら戦争が大好きだからな


ちょっと目を離した隙にアニメオタクアメリカ人スレがらホモスレになってた


oh……

これ以上はよろしくないようだ退散しよう
すまんかった


向こうでも萌えオタとミリオタは水と油か……


僕「あ!大将、これ二つください

大「はいよ」
ア「なに注文したの?」
僕「まあ、見てなって」
大「はい、お待ちどうっ」バチバチバチバチ
ア「なにこれ!?アイスクリームに花火刺さってるwwww」
僕「大将、これどういうこと?www」
大「ほんとは誕生日の人へのサービスなんですが、初めてきてくれた若い二人にサービスです」
ア「なんてファンタスティックなんだ(*´д`*)」


お稲荷さんは?


アレックスは艦これとかどう思ってるんだろう?


もし
がアレックスと連絡できるのならガルパンとかストパンとかどうなのか聞いてみたいな


艦これはゲームだが……まぁいいか

アニメ化してるし


ア「ワオ!このアイスクリーム!!」

僕「そう、グリーンティーフレーバーだよ」
ア「オゥ……これぞッ……求めていた味!甘いのに、ディープで……もう……とろける」
僕「アレックスはホントにグリーンティーが気に入ったんだね」
ア「このレストランに来る理由がまたひとつ増えたよ」
僕「そういえばこのアイスクリームもひょっとしたらうちの姉ちゃんの会社の抹茶使ってるかも」
ア「ええ!?どういうこと!?」
僕「うちの姉ちゃんが抹茶の会社に勤めててさ、お菓子メーカーにも抹茶おろしてるんだって」
ア「シューのお姉さんすごいな!こんなおいしいもの作ってるのか!!」
僕「もし日本に来るようなことがあればうちにおいでよ。抹茶のお菓子いっぱいごちそうするから」
ア「まじでか!?あ、日本に行ったらチョココロネ、チョココロネも食べれる!?」
僕「ああ、好きなだけ食べれるよwww」
ア「フォォォオオオオオオ!!!!」


アレックス好きだわwww


帰りの車の中

ア「ゴチソウサマデシタ」
僕「いえいえ」
ア「うーん……何かシュウに食べさせてあげたいけど、シュウはアメリカの食べ物嫌いじゃない?」
僕「ん?嫌いじゃないよ。最近はクリームチーズとスモークサーモンを挟んだベーグルがお気に入りだし。あとクラムチャウダーも」
ア「それはよかった。なんとなく外国人はアメリカの料理嫌いだと思ってた」
僕「スーパーサイズミーとか見るとさすがにビビるけどねwwww」
ア「あ、あれは一部のアメリカ人だけだから……単なるジョークみたいなものだから」
僕「ハハハ、わかってるって」
ア「そうだ、そのうち話題のバーガーショップに連れて行ってあげるよ」
僕「スーパーサイズはノーサンキューだよ」
ア「まあ楽しみにしててよ、Hahaha」
※こうして僕たちは一緒にアニメを見たり、晩ご飯を食べたり、お互いの言葉を教えあうようになったのでした


とアレックスが凄い微笑ましくて妄想しそうでよだれ出てきた


なぜだかわからんけど、アレックスが陽気な黒人で再生される


ア「シュウおはよう!」

僕「おはようアレックス。君がスクールバス乗ってくるなんて珍しいね」
ア「普段は車で行くんだけどシュウと話がしたかったからさ」
僕「よく照れずにそういうこと言えるね。さすがはアメリカ人というか」
ア「日本人は違うの?」
僕「うーん、アメリカ人と比べるとだいぶシャイかもしれないね」
ア「ところでシュウ、今日はパーティーでも行くの?」
僕「行かないよ。なんで?」
ア「いやー、なんだか気張った格好してるからさ」
僕「え?単にスーツ来てるだけだよ」
ア「日本ではそういう格好がスタンダードなの?」
僕「そういうわけじゃないけど……かっこいいかなって……思って……」
ア「あはは、かっこいいかっこいいwww」
僕「///」
ア「でも変な噂がたってるよ」
僕「噂?」
ア「シュウは日本の大資産家の息子で毎晩パーティーに参加するので忙しいんだって」
僕「なんぞそれ!?」


俺の中のアレックスは金髪天パでソバカス、背が高くて少し体格がいいイメージ


俺の友達というか兄貴分のジェイソンはナルト大好きだわ


毎晩パーティー……

ウホッ


ア「じゃあシュウは一般家庭の息子でこの学校にはバイトで貯めたお金と家族の支援、奨学金で通ってるんだ」

僕「そういうこと」
ア「いつもスーツを着てるのはスーツがすきだから、だよね」
僕「///」
ア「じゃあ資産家って噂は否定していいんだね」
僕「イエス、プリーズ……orz」
ア「ハハハ、おちこむなよ。カッコいいとは思うよ。でもキャンパスに着ていくには不釣り合いかな」
僕「ああ、これがTPOをわきまえるってことなんだな」
ア「TPO?」
僕「Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字だけど、聞いたことない?」
ア「ないね」
僕「ひょっとしてこれも和製英語?」
※和製英語でした


僕「でも他に服ってあんまり持ってないんだよね」

ア「ジャージかしてあげようか?」
僕「いや、さすがにそれはまずいって」
ア「そう?じゃあ今日のクラスが終わったら一緒に服を買いに行かない?」
僕「いいね!……ありがとう。アレックスはいつも僕を助けてくれるな」
ア「なんてことないさ。それじゃあクラス終わったら連絡してね」


和製英語だったのか!


僕「あれ?アレックスまたあったねwww」

ア「今日はカフェテリアで食べようと思って」
僕「一緒に食べない」
ア「ああ、いいね!」


ア「ここのカフェテリアはバーガーキングもついてるし、なかなかいいね」

僕「ここに関しては僕のほうがセンパイだね」
ア「オオ、センパイ!シューセンパイ」
僕「アレックスのたまにでるカタコト日本語大好きだわwww」


おまえらホモ展開期待し過ぎw

アレックス氏マジイケメン。
もイケメン


ア「ん?シュー、大丈夫?顔が緑色だよ」

僕「ああ、ちょっとイヤな物見ちゃった」
ア「イヤな物?」
僕「ホラ2階席にレズカップルがいるだろ?」
ア「ああ、有名なレズビアンだね」
僕「奴らが濃厚なキスをかわしてたんだよ」
ア「Oh」


僕「美男×美女、あるいは美女×美女ならまだわかるよ、絵になる」

ア「うんうん」
僕「でも合計300キロオーバーカップルはだめだろ……」
ア「同じアメリカ人として申し訳なく思うよ」


ア「でも抗議はしないほうがいいだろうね」

僕「僻んでると思われたくないしな」
ア「そうじゃなくて、彼女たちがレズビアンだから」
僕「どゆこと?」
ア「もしシューが『交響の場でキスなんて辞めろ』と言ったとするよ」
僕「うん」
ア「するとその言葉は彼女たちを批判するわけじゃなく、ホモを全員敵に回すんだ」
僕「ええ!?」
ア「この州では同性婚が認められてるからね。その辺りをつつくと厄介なことになるよ」
僕「じゃあさっき僕が言ってたこともまずいかな」
ア「大声で言ったらまずいかもしれないけど、あの程度なら大丈夫」
僕「ほっ」
ア「それにみんなアイツらのこと嫌がってるしね」
僕「アレックスにそんなこと言わせるなんてよっぽどだな」
ア「まったく、他の同性愛者に同情するよ」


ア「それじゃあクラス終わったら迎えにいくよ」

僕「Have a good day!(よい一日を)」
ア「ヘイシュウ、その言い方は間違ってるよ」
僕「どこが間違ってるの?」
ア「dayは午前って意味だからね」
僕「じゃあ、Have a good afternoon.(よい午後を)?」
ア「ハハハ、ホントはHave a good dayでオッケーだよ。単なるジョークさ」
僕「なんだよもーwwww」
ア「よかった元気出たみたいだね」
僕「あ」
ア「See you soon ノシ」


「See you soon」はまたすぐに会うことになるからsoonなんだろうな

laterはどういう時に使うんだろう


学校から車で30分のショッピングモール

僕「あれ?ここってちょっと高級なブランドのお店じゃない?大丈夫?」
ア「高級?何言ってるの?ここは庶民向けの服屋だよ」
僕「へぇ~。日本ではちょっといい感じのブランドなのに、アメリカではユニクロ感覚なのか」
ア「ユニクロ?そんな高級ブランドといっしょにしちゃダメだよ」
僕「へ?」
ア「ん?」
※当時アメリカではユニクロは舶来の高級ブランドというイメージがあったようです
同じようにアメリカの一般向けブランドが日本では高級だったんですね。名前忘れたけど。


GAPとかZARAみたいな感じだな


僕「ほんとに……こんなスウェットで授業受けていいのか?」

ア「シュウのクラスメイトはスウェットはいてないの?」
僕「たしかにスウェット、ジャージ、サンダル履き、なんでもありだけど」
ア「それがふつうの大学生だよ。もっともパーティーなんかがあると、みんなものすごくオシャレするけどね」
僕「なるほどな~」
ア「これがアメリカンTPOだよ」
僕「///」


僕「あんまり気に入るのがないな~」

ア「そりゃあいつもあんな格好してたら、とってもラフに見えるだろうねwww」
僕「あんまりからかわないでくれよアレックス」
ア「単なるジョークさ。あ、そうだ、気にいるのなければもう一件見に行かない?」
僕「いいよ。どこにでも連れて行ってくれ」


本当にアメリカの大学にいってたの?


Tシャツかトレーナーに短パンかリーバイスってイメージ

ラングラーって場合もあるか


アメリカにも州ごとに方言ってあるの?


HIPHOP好きなやついた?


ア「ついたよ~」

僕「って、ここ学校の購買じゃん」
ア「シュウもここで教科書買っただろ」
僕「あのころは右も左もわからなかったけどね」
ア「ここの奥に……ほら、服売り場があるんだ」
僕「広いとは思ってたけど何でも売ってるんだなぁ」
ア「ほら、ここのスウェット、学校名が書いてあるだろ?」
僕「ほんとだ!これも、あのシャツも、みんな学校名が書いてある。どんだけ愛校精神豊富なんだよwww」
ア「よかったらおそろいで何か買わないかい?」
僕「アレックスがそういうなら、君に全部任せるよ」
※結局紺色のスウェットにオレンジ色で学校名が書いてあるスウェットなど、学校用にいくつか買いました。
今でも部屋着に使っています


お勉強タイム

ア「やあシュウ!最近、どう?」 Hi, Shu! Whats up?
僕「特には。そっちは?」 Not so much. You?
ア「変わりないよ」The usual
※アメリカに行って最初に苦労したのがこの挨拶 Whats up?でした。
今でこそ学校の教科書に取り上げられるようになったので有名になりましたが
僕がアメリカに行った当時は「ハロー、ハウアーユ?アイムファインサンキュー」
が教科書にのっている挨拶だったのです。


ア「ところで君は夏休みのロングヴァケーションをどう過ごすんだい?日本に帰る?」

僕「日本に帰るにも金がかかるし、今年は寮でアニメでも見るさ」
ア「何言ってんだよシュー!夏休みは寮あいてないよ!」
僕「え、シリアス?」


ア「留学生はアパート借りたりどこかにホームステイするって聞いたけど……」

僕「……やばいよやばいよ……」
ア「何も知らなかったんだね」
僕「なぁ、アレックス。アパート探しつきあってくれないか?」
ア「もちろんだよ。あ、でもその前に」
僕「ん?」
ア「ひとつ当てがあるからちょっと電話してくるねー」


Whats up?って普通に使うんだねぇ

昔はLike a NY wayって言われたもんだが


家に住めって展開になるもんだとばかり思ってた


二人同じ屋根の下……(ゴクリ


おお、もうこんな時間か

昔を懐かしんでると時がすぎるのが早いですね
また明日続きをかくのでぜひまたいらしてください
See you soon, have a nice dream.


ホームステイ……

やっぱりホモなんじゃないか


※大学の寮を追い出されることになった僕は、急遽友達のアレックスの実家にホームステイすることになりました。

僕「部屋片付けまで手伝ってもらってありがとう、アレックス」
ア「なんてことないよ」ガサゴソ
僕「あ、あんまりそのへんさわらないで」
ア「あー!ハンター×ハンターの原書発見!」
僕「そういえばアレックスの部屋に翻訳版置いてあるよね」
ア「……」
僕「ん?アレックス?」
僕「ハロー!!!!」
ア「なに?どしたの!?」キョロキョロ
※片付け中マンガに夢中になってしまう現象は日米共通のようです


僕「アレックス、君はよっぽどハンタ×ハンター好きなんだね」

ア「うん、クラピカ大好き」
僕「どう、日本語読める?」
ア「ひらがななら少しだけ……。でも内容暗記してるから何言ってるかわかるよ」
僕「どんだけ読み込んでるんだよwww」


ア「ひとつ言わせてもらえるなら、もっと作者がハイペースで描いてくれるとさらにいいんだけどね」

僕「あーwww そんなときに使える日本語あるけど知りたい?
ア「うん」
僕「後に続いて言ってね「トガシ シゴト シロ」
ア「トガシ シゴト シロ?……どうゆう意味?」
僕「Togashi, do your work!って意味さ」
ア「ハハハ、確かに。彼のworks(作品)はとても好きなんだけどなー」
僕「幽々白書とか?こっちでも漫画出てるの?それともアニメで?」
ア「ええっと……」
僕「?」
ア「シュウ、シゴト、シロ。……あってる?」
僕「あってるけwwどwwもwww」


はアメリカ行く前から英語喋れたの?


アレックスのお稲荷さんを美味しく食べるシュウ


僕「今日はアレックスのお父さんが迎えにきてくれるの?」

ア「そうだよ。お父さんちょっとシャイだけど、なれれば面白い人だから」
僕「オッケー。3ヶ月もあるんだし仲良くなれるといいな」
ア「ふう、これでシュウの部屋の荷物は終わりだね」
僕「じゃあ次はアレックスの部屋だな」
ア「ノー。恥ずかしいからやめて」
僕「アレックスでも恥ずかしいって思うことがあるんだなwww」
ア「シュウの目にはどんな風に映ってるんだか……」
僕「じゃあ梱包終わった荷物を外まで持ってくよ」
ア「よろしくね」


※しばらくしてでっかいバンに乗って渋い白人男性がやってきました。

ア「シュウ、これがお父さんのボブ。お父さん、こちらが電話で話したシュウ」
僕「ナイストゥーミーチュー」手を差し出す
ボ「……」無言で握手。痛い
ア「ヘイお父さん、なんで黙ってるの?」
ボ「アレックス、おまえ……電話でカワイイ日本人を泊めたいって言ってなかったか?」
ア「うん。かわいいでしょ?」
ボ「男子じゃんか!」
※どうやらアレックスは僕の性別を伝え忘れていたようです


可愛い日本人ってアレックスwww


アレックス親子で天然か?!カワイイな!


男子じゃんか!(歓喜)


ア「別に男でも女でも問題ないでしょ。それともお父さんは女の子が来るの楽しみにしてたの?」

ボ「いや、そういうわけじゃないが……キャシーやレベッカが何て言うか……」
ア「問題ないよ、シュウはほんとにいい奴だから」
僕「アレックス、キャシーとレベッカって誰?」
ア「キャシーがお母さんで、レベッカが妹。10歳だよ」
僕「へー妹がいるのか。うん、なんとなくそんな感じがするね」
ア「シュウは小ちゃい子好き?」
僕「うん、好きだよ」
ボ「うちの娘に手を出したらどうなるか……」
ア「お父さん、恥かかせないでね」(#^ω^)ビキビキ


いいのかい?アレックスのお父さん?
はアレックスと、レベッカ

両方食っちまいそうな男なんだぜ?


※車で何時間もかけてアメリカ内陸へと進みました

ア「さあ、ついたよシュウ、我が家へようこそ!」
僕「家って……周り一面草原なんですけど……」
ア「うん、うちの牧場なんだ」
僕「へぇ~、あ!あっちのほうに馬が見える!あれもアレックスのうちの牧場?」
ア「あれもというか……見える範囲は全部うちの牧場だよ」
僕「……What?」


※さらに車で10分以上走りアレックスの実家につきました

僕「なんちゅう豪邸だよ……(日本語)」
ア「そんなところで止まってないで、さあ中に入りなよ」
僕「おじゃましまーす(日本語)」
ア「……シュウ?さっきからなんで日本語離してるの?」
僕「びっくりしすぎて英語忘れてたよ。なんだよこの豪邸は」
ア「緊張してる?ただでかいだけだからさ、リラックスしなよwww」
僕(大資産家の噂流されるべきはおまえやないか~い)
※調度品の雰囲気がよすぎておもわずヒゲ男爵でつっこんでいました。心の中で。


キャシー「アレックスお帰りなさい」

ア「ただいまマム」熱烈なハグをかわす二人
キ「それであなたが……あら」
ア「こちらがシュウだよ」
僕「初めまして」
キ「……フフ。自分の家だと思ってくつろいでいってくださいね」
※キャシーは疑問に思っただろうにすべてを飲み込んで歓迎してくれました。その心の広さ、牧場級


レベッカ「マム……お客様どこ?」

キ「レベッカ、こちらがお客様の、何て言ったかしら」
僕「ハローレベッカ。僕はシュウだよ」
レ((;゜Д゜)Man……?
ア「レベッカただいま」
レ「アレーーーーーーーックス」ヒシッ
※レベッカはアレックスに抱きついたままなかなかこっちを見てくれませんでした(´・ω・`)


キ「レベッカ、シュウにプレゼントがあるんでしょ」

レ「ノー」ヒシッ
キ「オゥ、レベッカ……この子ね、シュウが来てくれるからってクッキー焼いたのよ」
ア「へーすごいなレベッカ。見せてくれるかい?」
レ「ん……」ゴソッ
ア「(は・や・く・受・け・取・れ)」
僕「ありがとうレベッカ」
ア「(食・べ・ろ)」
※丁寧に包み紙をはぐ僕。それを見てどこかへ駆けていってしまうレベッカ
ア「あーあ」


ア「なんでそんなに丁寧に破いてんの?」

僕「え、なんかダメだった?」
ア「あのねー、アメリカではプレゼントを受け取ったら包装紙を破って開けるの」
僕「そんなルールが!?」
ア「そうすることで『はやく中身が見たい』って気持ちをアピールするんだよ」
僕「あーやっちゃった……どうしよう」
キ「ねえ、シュウ。あなたアレできるかしら?」
僕「アレ?」


キ「アレって言ったらアレよ(意味深)」


スティックを操作するのか?(期待


アレックスのスティックなのか

アレックスパパのスティックなのか
それが問題だ


コンコン

僕「レベッカ、クッキー食べたよとってもおいしかった」
レ「……」
僕「それでね、僕からもレベッカにプレゼントがあるんだ」
レ「……プレゼン?」
僕「出てきてくれるかい?」
レ ドア|ω・`)チラッ
僕「バラのプレゼントだよ」
※ピンク色の包装紙で作った折りバラを差し出す僕。
それが先ほどの包装紙だと気付いた瞬間目を輝かせるレベッカ
レ「ヾ(*´∀`*)ノフォォォォオオオオオオオ!!マミーーーーー!!」
※僕の手からバラをひったくってレベッカはキャシーのところにすっ飛んでいきました


やはりロリは可愛いな(確信)


純真に悦んでくれる子供は可愛いなw


の話しも超面白いが

ツッコミも良い味だしてるw


スレ主イケメンやんけ


薔薇を折り紙で折れるなんて

凄いな


アメリカ人と言うか、外国人全般に折り紙は超有効だよなwww特に手裏剣www


連鶴作ったらどんな顔するんだろうな

4連までは作れる


キ「ほら、レベッカ。言うことがあるんでしょ」

レ「プレゼントありがとう」
僕「どういたしまして」
レ「あ、あのね、シュウ」
僕「?」
レ「イラッシャイマセ、ワタシハ レベッカ デス。 ナカヨクシテクダサイ」
僕(な、なんだこの感情は……!?これはもしや……父性?)
※そのとき本物のお父さんは僕を睨みながら貧乏揺すりしてました


そして二人は幸せなキスを?


レ「ねえシュウ!ほかには?何が作れる?」

僕「鶴とか鹿とか……」
レ「(゜∀゜)シカ!!」
ア「レベッカ、シュウは荷物を片付けなきゃ行けないから」
レ「(´・ω・`)シカァ……」
僕「あとで一緒に作ろうね」
レ「うん!」


>レ「(´・ω・`)シカァ……」

可愛すぎるwww


かわいい


ついにアレックスと二人きりの時間が来るのか・・・・


ア「マム、シュウの部屋はどこ?」

キ「トムが使ってた部屋よ」
ア「じゃあレベッカの隣り部屋だね」
ボ「な、なあ、シュウ。なれない家族の中で急に一緒にクラスのは緊張するんじゃないか」
僕「え、まあ、はい(主にあなたのおかげで)」
ボ「そこでどうだろう、今は使ってない離れに住んでもらうというのは」
ア「離れ?そんなのあったっけ?」
ボ「ほらあっちに200ヤードほど行ったところにある……」
ア「それ資材小屋じゃないか!シュウ、こっちだよ」
ボ(´・ω・`)だって心配なんやもん……


ボ「だって(息子の貞操が)心配なんやもん……(´・ω・`)」


ボブ父ちゃんも可愛い

本当にアメリカの娘を持つ父ちゃんって感じで


ア「ごめんね、うちのファッキンオヤジが」

僕「そんなこと言っちゃダメだよ。娘思いのいいお父さんじゃないか」
ア「うん、まあそうなんだけどね」
僕「それにしても、こんな広い部屋ホントに使っていいの?」
ア「もともとトムが使ってた部屋だけど、使う人がいなくなって久しいし、ちょうどいいよ」
僕「ねえ、そのトムってだれ?」
ア「アニキ、もういなくなっちゃったけど……」
僕「それは……なんというか……」
ア「あ、別に死んだわけじゃないよ!今はエジプトかどこかで働いてるはずだから」
僕「すごい兄ちゃんだな……」


アメリカにもご愁傷様みたいな言葉ってあるの?


うちのファッキン親父(意味深)


ア「さあ、これでシュウの分は片付いたね」

僕「じゃあ次はアレックスの荷物だな」
ア「いいよ、自分の分はじぶんでやるって」
僕「遠慮するなよ、日本人じゃあるまいし」
ア「えー、心は日本人だよ。機会があればいつか日本人になりたいくらいさ」
僕「じゃあ日本人が義理堅いの知ってるよね?」
ア「ああwwwそれじゃあ手伝ってくれるかい?」


僕「おお、なんて部屋だ……」

ア「すごいでしょ」
僕「寮のコレクションは一部にすぎなかったんだねぇ」
ア「小さいころから好きでいろいろあつめてたからね」
僕「おお、ビデオテープか……ドラゴンボール、セーラームーンそれにポケモン……」
ア「すり切れるまで何度も見返してた」
僕「日本のアニメをここまで愛してくれるのは、なんか嬉しいな」
ア「ほんとにそう思う?」
僕「うん、愛されてるアニメを誇らしく思うし、アニメを愛してくれる人たちとならきっと仲良くできると思うね」
ア「(´;Д;`)オ……オウッ……グフウッ」ガシッ
僕「どどど、どうしたアレックス!?大丈夫か?」
※泣きじゃくるアレックスに猛烈にハグされて戸惑ってしまいました


ついにゴールインか……


僕「……おちついた?」背中ぽんぽん

ア「(ノω;`)うん、ありがとう」
僕「いったいどうしたの?話きくよ?」
ア「……シュウはさ、『スクールカースト』って知ってる?」
僕「なんだっけ?スポーツ選手が学校のトップで、ガリ勉が下?のような。アメリカのドラマでよくあるやつだろ?」
ア「うん、でもあれはドラマの中だけじゃないんだよ。実際にみんなあのカーストに組み込まれるんだ」
僕「そうなのか」
※ここからアレックスのスクールカーストの説明が始まるんだけど要約してかきますね


まず、カーストのトップは男ならアメフトなんかのスポーツ選手

女ならそれを応援するチアリーダー
次の階層にいるのがトップの子分たち
その次がいわゆる文科系の人たち
合唱をテーマにしたアメリカンドラマが一時期流行ったけど彼らの基本的な階層はここ
その次がいわゆるオタクやガリ勉
そして最下層にいじめられっこがいる
オタクやガリ勉はこの最下層に組み込まれることも少なくない
以上、簡単にだけど。


どこの世界でもオタクがリア充に虐げられるのは変わらないのか……


つまりアレックスは掘られる側だったのか


それで
がアレックスを優しく掘ってあげるんだな


僕「それじゃあアレックスも下のほうのカーストに組み込まれて……」

ア「違うんだ」
僕「え?」
ア「うちがお金持ちなのはみんな知ってたからさ、自然とカーストのトップにいたんだよ」
僕「オタクなのに?」
ア「……小さいころはアニメが好きだっていっても誰も何も言わなかった
みんなドラゴンボールやセーラームーンのマネしてたしね」
僕「あー、やったやった。僕もかめはめ波の練習してた」
ア「見てみたいなそれー」
僕「やらないよ。それで?」
ア「……大きくなるに従ってほとんどの子はアニメの話をしなくなるし
うちはお父さんがゴリゴリのアメリカ人だから、カーストのトップが取れるように昔から教育されていて……」
僕「いつのまにかトップになってた?」
ア「オタク趣味を隠したまま、ね」


予想外の展開


ていうかどんな教育受けてたんだアレックス

帝王学でも学んでいたのか


ア「それでもトップでいることはやっぱり気持ち良くてさ、オシャレして、子分引き連れて……」

僕「今のアレックスからは全然考えられないな」
ア「だろうね。なんていえばいいかな……、うん、完全に自分に酔ってた」
ア「オタク趣味さえ隠しておけばいい思いができた」
ア「取り巻きたちがいじめをやってたんだけど見て見ないふりしてた」
僕「……」


ア「小学生の時の友達にさ、やっぱりアニメが好きで、いつも一緒にアニメキャラになりきって遊んでたやつがいたんだ」

僕「へぇ」
ア「だけど大きくなるに連れて、こっちはカーストのトップに、彼はオタク扱いされ接点が無くなっていった」
僕「……」
ア「そして高校をもうすぐ卒業って頃に、事件が起こったんだ」


ア「その友達がさ、銃を持って教室に立て篭ったんだ」

僕「シリアス?(まじで?)」
ア「彼は取り巻きたちにいじめられてたらしくてさ、復讐したくて立て篭ったんだ」
僕「あー……」
ア「それでそいつが……一番憎んでたのが……」
僕「……アレックスだったのか?」
ア「(´;ω;`)ウン」


アレックス(´;ω;`)ブワッ


ア「『なんで俺を無視するんだ』『おまえならいじめを止められただろう』『おまえがいじめさせたんだろう!』って……」

僕「アレックスは悪くないよ!僕だってアレックスと同じ立場だったら」
ア「さっきさ、シュウ『アニメを愛してくれる人となら友達になれる』って言っただろ」
僕「ああ……」
ア「それ聞いてさ、シュウだったらあいつのこと救えたんじゃないかなって、そう思ったら……涙が……出てきて……


僕「辛かったな……」ポンポン

ア「警察に……囲まれて……持ってた銃で……自分の頭を……」
僕 ギュツ
ア「ありがとう、シュウ……」


ボブ(仮名)……(´;ω;`)ブワッ


日本でもありそうな話だよなあ……

スクールカーストって日本にもあるし


※その後アレックスはPTSDになり卒業まで学校ヘ行くことはありませんでした

そして大学は知っている人が誰もいない海の近くの大学へ行くことにしたそうです


重い話になったら途端にホモが消えた


閑話休題にコーヒーゼリーの話でもするかな


※これはアレックスが次の年の夏休みに日本に来た時の話

ア「シュウ……何これ?亀のゼリー?」恐る恐る
僕「亀のゼリーってなんぞwww」
ア「中国料理にあるんだけど知らない?っていうか亀のゼリーじゃないならなんなのよ」
僕「コーヒーゼリーだよ?」
ア「コーヒーの?ゼリー?!ファッキンクレイジーwwww」


ファッキンクレイジーwww


僕「はい、アレックスの」

ア「これを……たべるの……?」
僕「せっかくおまえのために作ったのに。いらないならいいよ」わざとらしく拗ねる
ア「ああ、食べるから、た べ る か ら!!」


ア「ムグムグ……」

僕「どう?」
ア( ゜д゜ )
僕「なんだよその顔」
ア「パクパクパクチュルルルル」
僕 ニヤニヤ
ア「ねえ、おかわりある?おかわり」
僕「僕の分あげるよ」
ア「ああシュウ!君とコーヒーゼリーを発明した人に感謝を捧げるよ!」


コーヒーゼリーってアメリカにないのか

あんな毒々しい色のお菓子はたくさんあるのに


二人とも可愛いなww


やっぱアレックスチョロいなwww


外国、つてか西欧は黒い食べ物ダメなんだっけかそういえば。

タコもダメだし(少し前は)生物もダメとか……損してるな!


※時を戻してホームステイ初日の夜

キ「レベッカはすっかり折り紙に夢中ね」
僕「こんなに喜んでもらえるとこっちまで嬉しくなります」
キ「シュウが折り紙できてほんとによかったわ。ありがとう」
僕「なんてことないです。それより折り紙のアイディア出してくれてありがとうございました」
キ「ああ、あれね♪」
僕「?」
キ「実は昔、私がまだレベッカよりも小さかったころ、この家に日本の男の人が来てね」
ア「何それ初耳」
キ「初めてみる日本人がとっても恐くってね、私も部屋に閉じこもってたの」
ア「レベッカのあれはお母さんの遺伝だったんだwww」
キ「そうね。そしたらその人が私にはばたく鳥を折り紙で作ってくれたのね」
僕「(ああ、あれか)」ゴソゴソ
キ「もうそれが嬉しくて嬉しくて……もしかしたらあれがお母さんの初恋だったかも」
ア「お母さんにもそういう時期があったんだね~www」
ボ「……」


ゴソゴソ(ボロン)


レ「ねえシュウ、こっからどうやるの?」

僕「こことここを……」
レ「わかった!」
キ「ああ……あの鳥どこにやったのかしら……いつのまにか無くなってしまって」
ア「シュウに作ってもらったら?」
キ「悪いわよ。それにそんな簡単には作れないでしょ?」
僕「え?」パタパタパタ


ちなみにバラの花言葉は『愛』とか『恋』だそうな

そりゃボブも心中穏やかじゃないわな


キ「そうよ、これよ!!オーマイゴッド」

ア「ワンダホー!どうして作れるの?」
レ「当たり前じゃない!シュウはなんでも作れるのよ!」
僕「いや、なんでもは無理だからね」
キ「ああ、シュウほんとにありがとう!」ぎゅううううっ
ボブ(#゜皿゜)ギリギリギリ
僕(やばい……)


ちなみにキャシーの容姿はどんな感じだったんだ(スタイル含む)


キ「ねえ、ボブも何か作ってもらったら?」

僕&ボブ「!?」
ア「wwwwシュウ、お父さんにはなに作ってくれるの?」
僕(こいつ悪ノリしてやがる・・・)ゴソゴソ
ボ「俺はそういうの興味ないからな。もらっても困るぞ」
僕「あーじゃあこれはアレックスにあげるよ」
ア「しゅ、シュ、手裏剣だぁぁぁぁああああああ!!」
ボ「!?」


ここで手裏剣キタwww分かってやがるwwwww


ア「何これすっごく飛ぶよ!」ヒューン

レ「シュウ!私も!私も!」
僕「ほら、作り方教えてあげるからここ座って…… まずはこーして……あーして
レ 黙々……
※そっとボブに手裏剣を押し付ける僕
レ「できたーーーー!!」
僕「よし、じゃあお父さんとどっちが飛ぶか比べてご覧」
ボ「!」
レ「お父さん、シュウの使ってずるいよー!」
僕「ほら、レディー、セット、シュート!」
レ「ハイヤァアアアアアア」シュン
ボ「……」ひょい
レ「やったぁ!お父さんに勝ったよ!ウィィイ!!」
ボ「……Thank you, Shu……」ボソッ


ボブ陥落www


wwwww


お義父さん陥落w

良い家族でほっこりするわ


※その後はでかい家でどこまで投げられるか競争することになり

みんなで2階から玄関に向かって投げまくりました
投げ終わった手裏剣をダッシュでとりに行くレベッカがとてもかわいかったです


レベッカ身長なんぼなのよ?


やっぱりロリコンなんじゃないか(歓喜)


このあとしばらくほのぼのホームステイが続くんだけどどのエピソードがいいかな

なにせ3ヶ月まるまるいっしょだったから話に事欠かない


※手裏剣あげたり日本料理を振る舞ったりしたらすっかり気を許してくれたボブ

ある朝起きるとボブが僕を手招きしていました
僕「グッモーニンボブ」
ボ「モーニン……今日はシューに俺の秘密を見せてやろう」
僕「ぼ、ボブの秘密……?」
ボ「さあ、俺についてこい」


アーッ!!


アーッ!


※ボブについて家を出る僕

5分くらい歩くとそこには立派な倉庫が建っていた
僕「ここ?真っ暗だね」
ボ「ちょっとここで待ってろよ、今明かりつけてくるから」
僕「オイルのにおいからすると車庫か何かかな・・・?」
ボ「ようこそ、ボブのカーミュージアムへ!」ビカッ
僕「ワ~~~~オ!!アメイジング!!!!」


マジ楽しそうで羨ましいわw


※そこには軽く10台以上のクラシックカーがありました

ボブが何十年もかけて買い集めて修理した物だそうです
ボ「これなんかは最初は錆だらけでシートは腐ってベラベラベラ……」
僕(ボブ興奮しまくってて何言ってるかわかんねえwwww)
ボ「男だったら乗ってみたいと思うよな?な!」
僕「え?イエス!」
ボ「よし、乗れ!!」


ボ「この車はパッカード1941年式。WWⅡより前に作られた車だ」

僕「すごい……!ん?シートベルトは……」
ボ「そんな軟弱な物はない!」
僕「オウ、クレイジー(褒め言葉)」


軟弱な物www


僕「ずいぶんハンドルが取られるような……」

ボ「なんだよハンドルって?」クルクルクル
僕「(あ、また和製英語だコレ)えっと、ステアリング!」
ボ「ああ、パワーステアリングもない時代だからな。昔はこんな車ばっかりだったんだぞ!」
僕「このベンチシートも?」
ボ「最高の乗り心地だろ?」
僕「(シートベルトないの怖い!肘掛けないの怖い!ハンドルとられるの恐い!ボブの運転恐い!)ちょうサイコー!!」


本音と建前がwww


ア「シュウ、グッモーニン」

僕「やぁ……」
ア「こんな早くにお父さんと何してたの?」
僕「ちょっとそこまで……ドライブをね……」
ボ「ヘイシュウ、これは男と男の秘密だぜ」
僕「オッケーボブ……((´∀`))b」


面白すぎ支援


オールドカーはロマンだもんな


やっぱり土地があれば車の複数台所有は余裕なんだな

こっちじゃ駐車場代だけで死ねるわ


リクエストもないしこんな時間なので続きはまた明日かきますね

「誰々のこんな話聞きたい」「アメリカではどうなの?」など
話をかくネタがあるとこちらも思い出すきっかけになるのでぜひ質問してくださいね
See you soon, have a nice dreamノシ


じゃあレベッカで


僕「ついにラスト1ピース!」

レ「できちゃっ……た……」
僕「レベッカ、どうしたの?」
レ「これね……ほんとはお父さんと作る予定だったの」
僕「ああ……じゃあ崩しちゃおうか」
レ「だめ、これはシュウと私の記念品でしょ」
僕「Oh,レベッカ」なでなで
レ「うぇへへへへへ」
※レベッカ気味の悪いの笑いかたがすごくつぼでした


やっぱりロリコンなんじゃないか(歓喜)(2回目)

わざわざありがとwww


乙!

ホームステイ中の、一日の流れを聞いてみたい。
あと、何か仕事を手伝ったりした、とか、家族でどっか出掛けたとかあれば是非。


予定がある日は大概、家族全員で外食ランチorディナーからの観光

帰宅
観光で何を感じたかを発表
次は何をしたいか討論(僕の意見が採用されてしまう)
就寝


予定がない日はまったり家ですごす

レベッカと遊んだり、アレックスの家庭教師したりされたり
晩ご飯の買い出しにキャシーと買物
晩ご飯を作ってディナー
明日何をしたいか話し合い(僕の意見が採用されてしまう)
就寝


あとホストファミリーはクリスチャンだったので日曜日は教会に行きました

まさか僕がアベマリアを歌えると思ってなかったアメリカ人の驚く顔は最高でしたww


面白いな

レベッカとボブの話があれば聞きたい


ボ「シュウ、レベッカは俺のこと何か言ってなかったか?」

僕「お父さんが好きだって言ってたよ」
ボ「じゃあなぜ……なぜレベッカはにげるんだ……」
僕「訊いてこようか?」
ボ「頼むよシュウ」


僕「レベッカ、入っていいかい?」

レ「カムイン」
僕「ボブが寂しがってたよ」
レ「……関係ないよ」
僕「……レベッカ、ほんとに関係ないならね、そんなに悲しそうな顔できないんだよ」
レ「(ノ_・。)泣いてないよ!」


レ「私もね、何でこんなことしちゃうかわからないの」

レ「お父さんのことは好きなのに、なぜかイライラしちゃうし不安だし……」
僕「(ん?ひょっとして……)」
レ「ごめん、今シュウとも話したくない」
僕「ボブも僕もレベッカのこと大好きだからね。落ち着いたらリビングに出ておいで」


僕「アメリカの性教育ってどうなってるの?」

ア「は?何言ってんだよシュウ///」
僕「いや、えっとさ……その……レベッカ生理きてんじゃね?」
ア「え!?レベッカまだ子供だよ」
僕「それでももうすぐ11歳だろ?初潮迎えててもおかしくないとは思うけど」
ア「シリアス?……そんな、家族でも気付かないのに……」
僕「家族だからこそ隠したいんじゃない?」
ア「そういえば何でシュウは生理だって思ったんだよ?」
僕「うちの姉ちゃんが生理来た時ととても似てたから」
ア「ああ~」
僕「取りあえずおまえかキャシーがレベッカの話聞いてやってくれない?」


キ「シュウの考えた通りだったよ」

僕「そうですか」
キ「はぁ……母として自信なくすわ。なんでも話し合えてると思ったのに」
僕「レベッカが大人の女性に近づいてるってことですよ」
ア「シュウはやけに大人びたこと言うね」
僕「全部うちのカーサンのうけうりだよ」


おもしれえ


レ「シュウ、さっきはごめんね」

僕「気にしてないよ~」
レ「お父さんもごめんなさい」
ボ「いいんだよレベッカ」
僕「……こんなとき日本なら赤飯たくのかな」
ア「なんだいそれ?」
僕「赤飯って言って、ゴニョゴニョゴニュ……」
ア「なんだよそれ、セクハラじゃん!」
僕「セクハラちゃうわwww」


リクエストしとこ

アメリカといえばパーティー!BTTFでも出てきたダンスパーティーの話ないかなロマンス有りならなお嬉し


僕「炭坑節……検索っと」

ア「何してるの?」
僕「盆ダンスを見せてあげるよ」
ア「やったー」
僕「ただしアレックスも覚えるように」
ア「教えてくれるの!?やっほうサンキュー」
僕(あれ?ちょっとした嫌がらせのはずなんだけど……まぁいいか)
僕「いくぞ、ディグ!ディグ!アーンド ディグ!」
ア「!?」


ア「なるほど振りの覚え方ね」

僕「簡単だろ」
ア「てっきりあれを歌わなきゃダメなのかと思ったよ」
僕「www」
ア「みんなの前で披露しようぜ、さあ練習だ」!
僕(それにしてもこのアメリカ人ノリノリである)


盆踊りの感想

キ「ファンタスティック、素晴らしかったわ」
ボ「オリエンタルというか……たぶんいいものなんだろうな」
レ「呪いの儀式?」


ア(´・ω・`)←盆踊りが評価されずに納得がいかない

僕「そんなに落ち込むなって。日本に来たらダンス会場に連れてってあげるから」
ア「ほんと?やたー!!それまでに他のダンスもマスターしなきゃ!」
僕「別にマスターしなくても大丈夫。会場のうまい人のを見ながらやればいいんだから」
ア「やるからにはそんな中途半端は許されないよ!」
キ「ねえ、アレックス。今度はあなたがシュウにダンスを教えてあげたら?」
ア「へ?」
ボ「シュウもアメリカでやってくからにはワルツのひとつくらい踊れないとな」
僕「ボブも踊れるの?」
ボ「もちろん」
キ「ボブはとってもダンスが上手なのよ。プロムの時もね……」
ボ「キャシー、子供たちの前だぞ、そんな話はやめないか///」
キ「アラアラ♪」


ア「そう、しっかり抱き寄せて」

僕「こう?」グイッ
ア「んっ、チカラ入れすぎ」
僕「ごめん……これくらい?」
ア「うんオッケー。これが基本の姿勢ね」
僕「けっこう辛いな」
ア「じゃあ右から行くよ、せーの」
僕「んぎぃ!?」
ア「何で左足出すの!?右からって言ったでしょ!」
僕「アレックスから見て右だと思ったんだよ!」


ア「こうだよ、見てて 1・2・3 1・2・3 1・2・3」

僕「それだけ踊れたらさぞかしモテたんじゃない?」
ア「別に関係ないよ」
僕「そうなの?映画のプロムみてるとメインキャラクターはたいがい踊り上手じゃん?」
ア「プロムは……出られなかったから」
僕「あっ(察し)」


ア「1・2・3 1・2・3 1・2・3…… だいぶ上手になってきたじゃん」

僕「話し……かけないで……集中しないと……ウワッ」ドシン
ア「シュウ大丈夫かい?」
僕「パートナーが転びそうになったら助けるものじゃないの?」
ア「男性が、女性を、助けるんだよ」
僕「はぁ……」
ア「さあ、元気出せよ!Shall we dance?」


※エントランスホールに出るとそこにはバイオリンなどを持ったおじさんおばさんがいました

ボ「せっかくだから街の演奏家に来てもらったぞ」
キ「練習の成果を見せてちょうだいね」
ア「もちろんだよ!」
僕(もちろんじゃねーよ!なんだよこの状況!)


ア「シュウ、力を抜いて……」

僕「無理……絶対失敗する」ガチガチガチ
ア「失敗したっていいんだよ」
僕「?」
ア「失敗してもそれもいい思い出になるさ」
僕「そんなもんかな」
ア「さあ、集中して……」


キ「ダーリン、私たちも///」

ボ「そうだな」
※ボブ夫妻が踊りの輪に加わった


僕「踊れ……た……?」

ア「うん、ちゃんとワルツになってたよ」
ボ「女を落とすにはまだまだだがなwww」
ア「実際はねもうダンスパーティーでワルツを踊ることはめったにないんだよ(コソッ)」
僕「まじで?じゃあ僕は何のために……」
ア「ほらシュウ、あそこでいじけてるお姫様をダンスに誘っておいで」
僕「おまえと意外まだ無理だって!」
ア「ダンスはいろんな人と踊ってうまくなるんだよ。ほら、行ってこい!」バシン


僕「しゃ、シャルウィーダンス?」

レ「ヽ(≧▽≦)ノイェーーー!」
僕(足ふまないように……踏まないように……)
レ「レディーの顔も見ず床ばっかり見てるなんて失礼だよ~」
僕「そんなこといったって……うわっ」ドシン
レ「手は器用なのにダンスは全然だめだね」
僕「ハハハハ……ちょっと休んでいい?」


僕「あ、アレックス今度はお母さんと踊ってる」

レ「パーティーではね、ああやって相手を代えて踊ってもいいんだよ」
僕「へぇ~。みんな上手だな~」
レ「シュウ、……今日はありがとね」
僕「僕は全然良いパートナーじゃなかったけどねwww」
レ「そうじゃなくてね」
僕「?」
レ「アレックスと踊って、こんなパーティーまでしてくれてありがとう」
僕「ん?パーティー開いたのはボブだろ?」
レ「そうじゃなくてね、ええっと……」


は「人たらし」なんだろうな

短期間でこんなにも家族の中枢へ入り込んでる


ボ「シュウ、おまえがいなきゃ、俺たちはどうアレックスと向き合っていいかわからなかったんだ」

僕「?」
ボ「アレックスの高校の事件は聞いただろ?」
僕「うん」
ボ「あれ以降あいつはめっきり口数が少なくなってな……
ついには俺たちの前から逃げるように大学に行ってしまった」
僕「そうだったのか」
ボ「だからアレックスから電話で友達を連れて行きたいって言われた時は、
これは神が私たちに授けてくれたチャンスだと思ったんだよ」
ボ「もっとも、女の子だと思ってたから、おまえが現れた時は何て試練をお与えになるんだと思ったがなwwww」


レ「アレックスが今着てる服ね、あれプロムのために用意しておいたものなんだよ」

ボ「この先着る機会なんてないと思ってたが本当によかった」
僕「アレックスに似合ってるよね」
ボ「おまえは踊ってるときアレックスの顔を見たか?」
僕「いえ、実は足下ばっかり見てて……」
ボ「本当に良い笑顔だったんだ……俺たちのアレックスが戻ってきてくれたんだ。ありがとう、シュウ」ガシッ
レ「シュウ、ありがとう」ギュウウ


面白いよ


ア「3人とも何やってるの?3人じゃワルツは踊れないよ~」

ボ「そうだな、ああ、そうだな。どうだアレックス?次はお父さんと踊らないか?」
ア「えー?仕方ないなぁwww」
キ「シュウ、今度は私のお相手してくださる?」
僕「ま、マイ プレジャー(喜んで)」


おもしろい

どんくらい前の話なん?


ダンスって異性同士じゃなくも良いんだ


キ「ほんとにこれ全部シュウのおかげよ、ありがとう」

僕「僕としては……対したことは……してな……いんですけどね」
キ「本当に日本人は謙虚なのね。私がダンスを教えてあげた人もそうだったわ」
僕「キャシーの……初恋の人?」
キ「ええ。ほんとに礼儀正しくて……私の告白も軽く受け流されちゃった
おかげで今あの人とこうして幸せな家庭を築けてるんだけどね」
僕「ボブが聞いたら……妬みそうですね……」
キ「その程度の嫉妬はむしろ恋のスパイスよ」
僕(ひょっとしてこの前のは、ボブを嫉妬させるためにわざと話したのかな……?)


ありがとう!ダンスパーティーリクエストした人間だけどウルっときちまったい

イッチの文体と登場人物が全員いい人すぎてほのぼのするな


リクエストで、どっかに旅?旅行?観光?に行った話などあれば聞きたいです!

1人でも、アレックスと2人でも、アレックスファミリーとでも、それ以外の人とでもいいです!


僕(計画の翌日に飛行機のチケット取れるってどういうことだよ……?)

ア「シュウ、置いてくよ~。早く搭乗しなって」
僕「お、おう」


僕「なにこのファッキンゴージャスな空間は……?」

レ「あー今シュウがファッキンって言ったよ」
キ「シュウ、みんなが使ってるからってそういう言葉を使うのはよくないことよ」
僕「す、すいません」
ア「そんなに目くじら立てなくてもいいじゃん。せっかくの旅行なんだし」
ボ「しかしレベッカが真似でもしたら困るだろうが」
レ「お父さん、私学校ではみんなが使ってるから使ってるよ」
ボ「な、なんだってー!?」


僕(使っちゃ行けないって言われてもファッキンゴージャスなのは変わらないんだよな……何コレ、ファーストクラス?)

ボ「最近の若いものは言葉遣いがうんたらかんたら……」
ア「ねえ、ディズニーワールドついたら何から……」
レ「あ、シュレックの映画上映して……」
キ「シュウ、ついたわよ、起きて」


※飛行機に乗り込んだとこまでは覚えてたのに、目を覚ましたらフロリダについてました

僕「せっかくの……ファーストクラスが……」
ア「シュウ熟睡してたね、何で?」
僕「ワクワクしすぎて昨日寝れなかったから……あぁっorz」
レ「ねえ、シュウ?何乗りたい?どこから行く?」
僕「レベッカは相変わらず元気だね」
レ「うん!ファッキン元気!!」


わーい、リクエストに答えていただきありがとう御座います!

それにしてもアレックスファミリー……もしかしてすごいお金持ち……?


レ「ウヒョオオオオオオオオ、ディズニーワーーーーーールッ!!」

ア「さすがにこの年であのノリは無理……」
僕「やっほほぉぉぉおぉおおい!!ディズニーワーーーーーールッ!!」
レ「シューーー!!レッツゴー!!」
僕「イエェええええ!!」


ボブの仕事なんなのか気になる…大企業の役員とかなのかな?と勝手に妄想


※あの興奮を文章に起こそうとすると、レベッカと一緒に興奮してたシーンばかりになってしまうと言う罠

ア「あれ?日本にもディズニーランドってなかったっけ?」
僕「ひゃっほ……うん、あるよ」
ア「たしか東京じゃなかった?シュウは行ったことないの?」
僕「『行った』ことならあるよ……」
ア「なにそのニュアンス?」


僕「中学のとき東京に修学旅行に行ったんだ。その時の旅程が東京見物からのディズニーランドで……」

ア「そんなスクールトリップがあるのか!うらやましいな」
僕「東京見物を終えた班は、自分たちで公共交通機関を乗り継いでディズニーランドまで行くんだ」
ア「なるほど」
僕「ところが班員のひとりが東京のどこかで財布を落としたんだ」
ア「えぇ!?」
僕「みんなで何時間も必死に探しまわっても見つからず……」
ア「……」
僕「そのうち教師がやってきてお金を立て替えてディズニーランドまでは行けたものの……」
僕「もう帰りのバスの時間になってて結局少しも楽しめなかったのさ……( TωT )」
ア「御愁傷様……」


僕「だから今日は楽しむぞ!レベッカ、こっちだ!」

レ「WRYYYYYYY!!!!」
※よくわからないけどお客さんで超こんでるなか、なぜかほとんどのアトラクションを並ばずに通過していました
ボブ、恐ろしい男


うりーーーー


※一通り遊んだ後、そろそろ帰るのかなと思っていた時でした

ボ「ここが今日のホテルだよ」
僕「え?ここってまだ園内ですよ。そこにアトラクションあるし」
ボ「どうやらこういうホテルらしいな」
僕「???」


※そのホテルは、ホテルというよりかは園内のアトラクションの延長のような一軒家

まるでディズニー映画の世界に入り込んでしまったようでした
レ「すごい!私お姫様?ねえ、私お姫様!!」
ボ「気に入ってくれたかい?僕のお姫様」
レ「パパ大スキー♪」チュッ
ボ「デュフフ」
僕「……」
ア「何?うらやましいの?してあげようか?」
僕「ノーセンキュー」


ディズニー ホテル なんかで検索してもあの建物のことがわからない……

誰かディズニーワールドに詳しい人いたら詳細を教えていただけると幸いです。


※翌日は場所を変えて(ディズニーワールドにはランドのようなものが3つくらいあるらしい)

さらにディズニーワールドを楽しみました
レ「シュウ!あの家から悲鳴が聞こえる!レッツゴー!」
僕「よし、行こう!!」
レ「私恐くても悲鳴出さないよ。出すとしたら楽しくて出す」
僕「ほんとにー?」
レ「ホントだよー!!よぉおく聞いててね」
レ「。・゜・(>д<)・゜・キィィィイイイイイヤァァァアアアアアアアア!!!!!!!」
僕「楽しかったね!」
レ「ずっごぐだのじがっだ」グスン


ボブのお仕事って何?

言ったらボブに殺されそうな仕事?


俺が求めていた癒しがここにあった


> レ「ずっごぐだのじがっだ」グスン

飲み物を口に含んでいなくて良かった


やっと追いついた

外国行ってみたいけど英語話せないと楽しめなさそう


僕「それにしても学校内にダンキンあるってすごいよな」

ア「それだけアメリカ人にとっては欠かせないものなんだよ」もぐもぐ
僕「おい、もう授業始まるぞ」
ア「大丈夫だって、みんな食べてるし」
僕「やっぱり日本と感覚違うなぁ……」
先生「グッモーニンエブリワン!」もぐもぐ
僕「おまえもかMr.グリーンwww」


今までの流れもそうだけど、文化の違いって言うかギャップを掘り下げてくれると嬉しい

従姉妹が米国人なんだが日本に来たとき、朝食はいつもドーナッツだと言い始めミスドに一緒に買いに行った時はマジで?となった


僕「今日の朝食はベーグル屋いこうぜー」

ア「ダンキン…… (´・ω・`) 」
僕「どれだけダンキン好きなんだよwww」
ア「いいよ、ベーグル屋行くよ……(´・ω・`)」
僕「よし、じゃあ行くぞ」
ア「あれ?」
僕「そのしょんぼり顔がいつまでも通じると思ってんじゃない!」
ア「ちぇーっ」


ア「オハロー……何のにおい?」

僕「ごはん炊いたぞー」
ア「オー、ワショクー?」
僕「うん、みそ汁と焼き魚と納豆」
ア「NATTO!?そんなものどこで買ってきたのよ?」
僕「あれ?アレックス食べたことあった?日本食のお店に売ってたよ」
ア「ごめん、今日お腹へってないや……」
僕「せっかく日本好きなおまえのために買ってきたのに……(自分が食べたいだけ)」
ア「OhShu」
僕(ちょろいな)


僕「納豆なんてどこで食べたんだ?」

ア「学校のゲームで世界の臭いものあつめて食べるってのがあって……」
僕「ああ、シュールストロミングとか」
ア「そう、そういうやつ。それで納豆食べたけど、酷い臭いだし、味しないし……」
僕「ん?」


僕「アレックス、たしか大将のところでマグロの山掛け食べてたよね」

ア「うん、あれおいしかったよ。なんで?」
僕「じゃあ、粘り気が嫌いってわけでもないよな」
ア「?」
僕「よし、おまえに本当の納豆ってモノを食べさせてやる」
ア「うう……納豆だけは……」


ア「何でかき混ぜるの?」

僕「かき混ぜると山掛けみたいに粘り気が出るんだよ」
ア「なんか見た目どんどんグロス」
僕「それでつゆを入れて」
ア「なにその小袋?」
僕「やっぱり入れてなかったのか。そりゃ味がしないはずだwww」
ア「それ入れたらおいしくなるの?」
僕「ああ、なるなる。コレを納豆に入れないのはドーナツに砂糖を使わないのと同じ」
ア「あーそりゃまずいわ」
僕「あとは好きな薬味を入れれば良いんだけど、アレックスはネギ好きだよね」
ア「うん」
僕「よし、じゃあまずはこれを食べてみな」


ア「イタダキマス…… あ……うぅ……」

僕「はしが口に届いてないぞ」
ア「えい!……あれ?」
僕「ご飯と食べるとさらにおいしいぞ」炊きたてご飯を差し出す
ア「なんで……しゅごい」むしゃむしゃ
僕「ここにきざみ海苔というものがあってだな……」
ア そっと茶碗を差し出す


アレックスwww


ア「海苔をかけるとなんかスシのような感じがする……」

僕「そういうのを磯の香りっていうんだよ」
ア「ねえ、他にはどんな薬味があるの?」
僕「今日用意したのはネギと海苔だけだよ」
ア「ねえ、明日も納豆食べたい」
僕「あ、スマン。そこまでハマると思わず買ってきてなかった」
ア「オーマイ……」


僕「大将、ここって納豆置いてたっけ?」

大「裏メニュー(日本人用)に納豆巻おいてますよ」
ア「ナットーマキ?なにそれ」wktk
僕「納豆ロールだよ」
ア「寿司と納豆を合体させたのか!?ファッキンクレイジーだな(褒め言葉)」


海外の人が和食を美味しそうに食べてるのは本当に嬉しくなるんだよねーなぜかw

あと、作り話って言う人達は無視した方が互いのためだと思うよ!そう言ってる人以上にこのスレを楽しんでる人が居るんだから!


大「納豆巻おまち」

ア「え……何この黒いの?」
僕「コレが納豆巻だよ。おまえどんなの想像してたの?」
ア「ロール(海苔が内側に巻いてある巻寿司)に納豆がかけてあるのかと思った」
僕「ハハハwwwまあいいから食べてみなって」
ア「うん……(パク)……なにこれ……納豆が中から溢れてきて……」ムシャムシャ
僕「うまいだろ?」
ア「なんかね……納豆が何倍もおいしくなってる気がする……」
大「うれしいね、わかってくれるか。その納豆わたしの手作りだよ」
僕「すごい、大将の手作りか。僕も食べていいか?」
ア「モゴモゴ(早く食べてみなって)」
僕「なんだこれ!うまっ!!」


納豆を手作りしたのか!? 大将ハンパねぇな……


ア「この納豆持ち帰りたい」

僕「これ納豆だけで商売になるな……」
大「大量にあるけどよかったらもってくかい?」
僕「いいの大将?」
ア「ヤッター!!!!」


納豆生活6日目

僕「どんだけ納豆にはまってんだよ」
ア「日本人ぽい?」
僕「日本人以上だよwww」
ア「明日はバターと一緒に食べてみたい」
僕「あ、すまん。米きれたから明日はダンキンな」
ア「ガ━━(゜Д゜;)━━ン!」


まさかアレックスがダンキンでショックを受けるとは……


餌付け餌付けwww

しかし納豆、バターとは食べたこと無いな…旨いんだろか…
作り話とか言う奴ぁスルースルー!
こんな素敵な体験に、嫉妬してんのさwww
例え作り話だとしても、こんな素敵な創作はなかなか無いから、問題無い!


だってばよっ!!とかの語尾って英語だとどう表現するの?


今日は食に関するエピソードをもうひとつ

少し胸糞かもしれないので見たくない人はブラウザバック推奨
※アメリカ生活の2年目も順調に滑り出した頃
ア「オハロー、シュウ」
僕「おはろうアレックス」
ア「今日の晩ご飯なんだけど一緒に食べにいかないかい?」
僕「いいよ。大将のところなんてどう?」
ア「実はもう行くところは決めてるんだ」
僕「へー、どこ?」
ア「それはいってのお楽しみ!」


僕「ずいぶん遠くまで行くんだな」

ア「知り合いにおすすめのジャパニーズレストランないか聞いたら教えてくれたんだ」
僕「お、新規発掘か。楽しみだな」
ア「見えてきたよ~。」


コリアンかチャイニーズの和食レストランか?


鈴「何食べるデスカー?」(超なまった英語)

ア「じゃあKOBE BEEFコンボをレアで」
僕「(一番値段が手頃なのは……)TOFUステーキコンボをひとつ」それでも1人前30ドル近くした
鈴「オッケー、じゃあ今から焼きますヨー!」


その店を教えてくれたアレックスの知り合いって何人なんだ


嫌な予感しかしない展開…


※スズキは腰からナイフを引き抜くとタマネギを厚めにスライスし重ねて

その中に油かアルコールでも入れて、火をつけました
立ち上る炎にアメリカ人(アレックス含む)が大興奮


こんな感じ


燃え盛るタマネギに対してスズキが一言

「フジヤマ イズ バーニング」
僕の怒りゲージが20上がった


(アカン)


※続いて出てきたのがそれぞれのメインである肉や豆腐

僕「何コレ……豆腐ステーキって、店に売ってる豆腐をそのまま出してるだけじゃん……」
※当時から豆腐は人気でふつうにスーパーで売っていました
ア「このKOBE、全然柔らかくないよ……?めっちゃアメリカンビーフ……」
スズキ「みんなミテー!」
※フライ返しとナイフでジャグリングをはじめるスズキ、焦げ付く野菜


あいつらいつも日本人のフリしてんな

腹立つわ


※盛り上がる中野菜を皿に盛るスズキ

鈴「ごめんなさいねー、チョットこげちゃったよー」
日本人のフリ→富士山噴火→まずい食事→焦げ焦げ野菜で怒りゲージはほぼ満タンに


※そして鉄板についた焦げをひとかたまりにして、トドメの一言

鈴「これが日本のチョコケーキだよ!」
僕「ドントインサルトジャパニーズカルチャー!(日本の文化を侮辱すんな!)」
僕「アレックス、帰ろう」
ア「うん」
鈴「お客さん」
僕「あ?」
鈴「チップ置いてってくだサーイ」
僕「ふざけんなファッキンコリアン!!」


アメリカ人なら多少ジャンクでも大丈夫だろとでも思ってんのかね


支払いを済まそうとすると偉そうなのが奥から出てきました

田中「お客様どうしましたか?」店員のネームプレートに日本人ぽい名前が書いてある
僕「鈴木が日本の文化をバカにしたから帰るんだよ!」
田中「え、お客様本物の日本人?そ、それは失礼しました……」
僕「なんだよ本物って?ああ、この店は偽物ばっかりだからな!」
田中「はい。だから本物の日本人はこの店に来ないんですよwww」
※あまりの怒りに言葉を失いました


マジなんだな、ザパニーズが横行してんの…

向こうの人(ザパニーズ本人達を除く)らは、それを理解してるの?
それとも騙されてる人が多い?
もしくは、そもそもあまり気にしてない…?


帰りの車

ア「シュウ、ごめんね。あんなとこ連れてって……」
僕「……」
ア「シュウを喜ばせたかったのに、あんな……」
僕「アレックスは悪くないよ。……僕のためにありがとな」
ア「だめだよ!今日は最高の日にするって決めてたんだ!!」
僕「今日は何か特別な日なの?」
ア「わからないの、シュウ?」
僕「ん?」
ア「Happy birthday, Shu.」


僕「そうか、今日誕生日だったか……完全に忘れてたわ」

ア「それなのに……」
僕「アレックス、もう気にしてないよ」
ア「嘘だ」
僕「まあ、簡単に忘れられないけど、それよりもおまえが祝ってくれようとしたことがすごく嬉しいよ」
ア「シュウ……」
僕「……なあ、これから大将のとこいかないか?」
ア「うん、そうだね!」
僕「うまいもんいっぱい食おうぜ!」
ア「うん!」
僕「もちろんアイスに花火をつけてな!」


今思い出してもあのレストランはむかつくけど、

あの日はアレックスが初めて僕の誕生日を祝ってくれた大切な日になりました
それではまた明日続きを書いていきますね
See you soon,have a nice dream.ノシ


乙!

続きを楽しみにしてるよ、楽しい話を有難う!


追いついた!日本が好きな外国人ってめっちゃ萌えるよなー

ところで日本人の宗教観ってどう思われてるのかな
やっぱテキトー過ぎて不愉快かしら。特にアレックス達はクリスチャンだし
自分は無宗教だけど、神道のテキトーさやおおらかさとか、他宗教への寛容さとかは良いなって思うんだけどなー
そもそも無宗教が野蛮、って風潮やっぱりあるんかね?


アレックスが日本に来た時のエピソードも詳しく聞いてみたい

スレ主の家に泊まったんだよね?家族との対面や食べ物、場所、人への感想など
でもスレ主のペースで好きなように語ってくれたらいいし
負担じゃなければ次スレも続けて欲しいな


ってか差別とかもあったのかなぁ?

南部はそう言うのが多いって聞いたけど


※では差別や宗教観について思い出せるところでかいてみようと思います

トルコからの留学生ハリル(超親日)との会話
ハ「なあシュウ、さっきの授業でいろんな国の宗教についてやったけど、おまえ自身は神を信じてる?」
僕「僕は無宗教だよ」
ハ「それは神様を信じないってことだろ!?マジでかよ?あり得ない!」
僕「なにそれそんなに驚くこと?」
ハ「シュウ(かわいそうなものを見る目で)この世界はどうやって始まったか知ってるかい?」
僕「ビッグバンだろ?」
ハ「違う!神様がお作りになったんだ!!」
僕(えぇ~~~~??)


トルコはイスラム教だよね


ハ「そもそも神様がいなければ、こんなに素敵な世界がデザインされるわけないだろ?」

僕「それは自然淘汰と進化の繰り返しで……」
ハ「そうか、君は進化論の信者なんだね?」
僕「いや、だから僕は無宗教だって」
ハ「進化論なんて宗教と変わらないから!」


日本人が無宗教って言う人いるけど

無宗教って言うのはあり得ないんだけどな。
普通に生活してるだけでも神道だし、墓参りや仏教式の葬式するだろ?
普段意識してないだけで、日本って国は相当な宗教国家なんだと俺は思うぞ
ある意味宗教の到達点って言ってもいいかもしれん。生活に組み込まれ過ぎて宗教色がなくなって無意識下で
宗教行為してるんだから


神は、いるだろー。

概念として。


僕「あ、アレックス……タスケテ」

ア「なにやってんの?」
ハ「アレックスはもちろん神を信じるよな」
ア「もちろん」
ハ「じゃあアレックスからもシュウに説明してやってくれよ!!」
ア「おっけー。じゃあこれからレストラン行くことにしてるからそこで説得してみるよ」
僕「アレックス、おまえもか」


神道兼仏教でええやん。


ア「なんであんな議論にまきこまれてんのさwww」

僕「英語の授業で宗教についてやってたらみんな白熱しちゃって」
ア「そんなの「おっけー。私は神を信じてます」って言っとけば良いんだよ」
僕「ずいぶん軽いなー。おまえクリスチャンだろ」
ア「クリスチャンにもいろいろいるんだよ」
僕「ふーん……じゃあアレックスにとって神様って?」
ア「うーん……アキラ・トリヤマかな」
僕「おまwwwww」


僕「あの程度のことであんなに議論が白熱するんだから、世界から戦争が無くならないわけだよ」

ア「ひょっとしたら『あの程度のこと』って考えてることが戦争の原因かもね」
僕「なるほどな……大将、納豆巻ある?」
大「はい、納豆巻いっちょー」
ア「あ、こっちも」
大「納豆巻にちょー」


大将の納豆巻きの前には神も霞むわけだな


大将が良いキャラすぎて草


(クリスチャンを今までテニス選手だと思ってただなんて言えない・・・)


僕「そういえば、ああいう議論は巻き起こっても、そこから差別されることがないな」

ア「ん?ディベートと差別は別物でしょ?」
僕「日本ではさ、まだディベートってものが根付いてなくてさ」
ア「ふむ?」
僕「議論をしようとしても無視したり、相手の意見を聞かずに自分の言いたいことを言うやつも多くて
さらには少数派を多数派で叩いて議論自体を封じちゃうんだ」
ア「なるほど」
僕「だから討論の果て、わかりあえずに差別が生まれることも珍しくないよ」
ア「例えば?」
僕「学校のいじめなんてまさにそれだよね」
ア「え!?日本の学校にもいじめがあるの?」


ノイジーマイノリティが議論を封じるパターンも多いけどな。


時かけを見せれば日本にもイジメがあることが分かるだろうに


僕「さいわい僕はいじめることもいじめられることもなかったけどね」

ア「よかったー」
僕「そういえばアメリカに来て、日本人だからって理由で差別されたことないけど、なんでだろう?」
ア「いくつか理由があると思うよ」
僕「例えば?」
ア「ここがマサチューセッツだからかな」
僕「?」
ア「もしここが南部だったら、もっと激しい差別にあっていたかもしれないけど、」
僕「ふむ」
ア「ここで人種差別する奴がいたら、そういう奴らこそ差別されるから」


僕「僕は良い場所に留学できたんだな」

ア「次に日本人は他のアジアンと比べると礼儀正しいからね」
僕「そんなに違うかな?」
ア「誰も人種差別はしたくないけど、それでも礼儀正しくない奴らとはつきあいたくないさ」


マサチューセッツとかイッチエリートじゃん・・・。


マサチューセッツ州は外国人に対して寛容な土地柄なの?


ア「差別されない理由……あとはシュウの人柄かな」

僕「ぼく?」
ア「なんていうか憎めないキャラしてるんだよね」
僕「思ったことけっこうズバズバ言っちゃうほうだと思うけど」
ア「シュウのそれってアメリカではふつうだよ」
僕「まじでか( ̄△ ̄;)」
ア「そう、そういう表情wwwそういうところが憎めないんだよね」
僕「アメリカ人の感覚がわからない……」


差別や宗教のお話はここまで

さて何について話そうかな~


※アメリカと言えば独立記念日

独立記念のお祭りの話をしようと思います


※ここはボストン、マサチューセッツ

ボ「シュウは独立記念日は初めてか?」
僕「はい、とても盛大なお祭りがあるらしいですね」
キ「今日のお祭りにはエアロスミスがくるのよ。知ってるかしら?」
僕「アルマゲドンの!?スパイダーマンの!?」
ア「そう、そのエアロスミスだよwwwハリウッド映画の効果はすごいな」
レ「ねえ、シュウ。アイスクリーム食べたいよね」
僕「ん?今は……」
レ「食べたいよね!アイスクリーム!!」
僕「うん……?」
ア「お父さんはシュウがやりたいことになら財布のヒモが甘くなるからさ」(ボソ)
キ「普段はレベッカが虫歯になるのを嫌がって、あまりアイスクリームは買わないの」(ボソ)
僕「ボブ、みんなでアイスクリーム食べようよ」
ボ「うん、シュウがそういうならみんなで食べるか」


レベッカが反抗期の時ボブ辛かっただろうな


僕(ん?あれは……)「レベッカ、あの像の前で記念写真撮ろう」

レ「いいよー」
ア「おっけー。スマーイル」
像「……」ツンツン
レ「オォォォオオウ!?動いてルゥゥゥウウっ!?」
パシャ!!


ア「おかげで良い写真が撮れたよwww」(像の下の籠の中に10ドルぽーい)

像「!?」
レ「アレックス知ってたのね!」
ア「それを言うならシュウもだろ」
僕「ごめんねレベッカ」
レ「まったくもう!変な顔で写っちゃったでしょ!」
ア「きみ、もう一枚写真いいかな?」
像「……」大袈裟なお辞儀
ア「セイチーズ」
レ「チーーーッ!!」
※銅像に抱き寄せられるとても素敵な写真ができました


僕「このあと花火見るんだっけ?この人だかりじゃ場所取り大変そうだな……」

ボ「気にしなくていい、最高の場所をとってあるからな」
僕「おお、ありがとうボブ!」
ア「ねえシュウ、レベッカどこ?」
僕「キャシーといっしょじゃない?」
キ「ねえシュウ、レベッカ見なかった?」
ボ「……レベッカはどこだ!?」


僕「僕もレベッカ探します!」

ボ「ダメだ、おまえまで迷子になったらどうする!?」
ア「シュウはクルーザーの中にいてくれ」
僕「でも!」
キ「もしレベッカがここに来たら連絡くれる人が必要でしょ?だからお願い」
僕「……はい」


僕「ああ、クソっ!こんなにお世話になってるのになにもできないのか?!」

ガタ
僕「今何か音が……ひょっとして……ヘーイ!レベッカ!」
レ「シュウ!?シューーーーーーーーッ」ヒシッ
僕「クルーザーの中にいたのか……」
レ「恐かったよぉ!くぁswでfghjkl;’」ギュウウウウウ
僕「良い子だね、よくがんばった」なでなで
レ「サンキューシュウ……」チュ
※こうして僕のファーストキスはレベッカに奪われました


エンダアアアアアアアアアアアアアアアアア


※みんなに連絡を取って呼び戻しました

ボ「ひとりで勝手にうろついちゃダメじゃないか!」
レ「みんなが勝手にどこかに行ったんでしょ!」
キ「とにかくレベッカが無事で良かった……」
ア「ありがとな、シュウ」
ボ「ありがとう、本当にありがとう」
僕(やべえ、キスしたなんて言ったらボストン湾に沈められるんじゃないか僕)


俺の中でレベッカはある程度可愛い容姿で再生されてるけどそれでいいよね?良いって言って欲しい


ボ「海の上から見る花火は最高だろ!?」(花火の音が大きいので大声で)

僕「アメージング……」
レ「ねえシュウ?」(花火の音が大きいので耳元で)
僕「なんだい?」
レ「アレックスとはもうキスしたの?」
僕「ゴホッ、げホ、なんだって?」
レ「シュウはアレックスの恋人なんでしょ?」
僕「違うよ、そんなわけないだろ。ただの友達」
レ「じゃあキスしたことないのね?」
僕「ないよ」
レ「じゃあ私がシュウの一番ね」
僕(レベッカは子供レベッカは子供レベッカは子供……)
レ「学校が始まっても私を忘れないでね( ´・ω・)」
僕「……学校が始まるまでまだ2ヶ月あるから、心配しなくていいよ」
レ「うん」


キスとは、なんとまあダイレクトな感情表現だこと。

あと、同性愛って考え方に、全く抵抗や偏見無い感じなんだなぁ。
レベッカとはその後、進展はあったのかな?w(年齢的に、何年か後にまだ交流があれば、になるが)


レベッカにもホモォ…と思われてたのか


うらやまけしからんw


そして
はロリに目覚めたんですね


もはやイッチがアレックスの家族に見えてくるわwww


微笑ましい


※これは夏休み前、アレックスと同じ寮にいたころの話

まず理解して欲しいのが寮の仕組み
4階建ての寮でA~Dのブロックにわかれ
男子に2ブロック、女子に2ブロックありました
こんな感じの寮が20棟くらいあったのが僕たちが住んでいたところ


基本的に1ブロックに2人部屋が4つ、あるいは1人部屋が8つあり

32人までが同じ寮で暮らせます


※僕はAブロック、アレックスはBブロックに住んでたので初めのうちは接点がありませんでした

しかし僕が日本食パーティーをしたり、アレックスがアニメ映画鑑賞会を開くうちに
うちの寮は仲良しが大勢いました


※あるとき僕が女子ブロックに遊びにいった時のこと

ビッチ「ねえ、シュウ?日本人はセ●クスがへたってホント?」
僕「誰から聞いたんだよ、そんなこと」
ビ「フランス人のフランツから」
僕「ああ、日本人女子に振られたフランツかwww腹いせに変な噂流してやがるな」
ビ「それでどうなの実際?」
僕「そんなこと童貞の僕に聞くんじゃないwww」


ビ「何なら私が味見してあげようか?」

僕「は,初めては……好きな子とって……決めてるから……」
ビ「そんなこと言わずに……」
ガンっ!!
ア「そんなとこで何やってるのかな~?」
ビ「あら、アレックス。何か問題でも?」
ア「談話室で盛ってんじゃないぞビッチ!」
ビ「誰がビッチだって!?このファッキン」
僕「ストップ!!」


スレ主にはアレックスがいるもんな。危なかったな


僕「2人とも言い過ぎだよ。落ち着け」

ア「ごめん」
ビ「調子に乗りすぎたわ」
僕「じゃあこれからフランツのとこ襲撃しようか」
ア&ビ「賛成!」


好きな子ってまさかアレックス?


僕「ヘイ、フランツ?日本人について言いたいことがあるって?」

フ「な、何を言ってるのかな」
ビ「あなたベッドで散々言ってたじゃない」
フ「おま、それはくぁwせdrftぎゅいこl;」
ア「ほら、どうしたんだ?ベッドの中でしか言えないのかい?」
フ「おまえら勘弁してくれ!」


フ「俺だってホントは日本が好きなんだ。特に鋼の錬金術師は最高傑作だと思ってる」

ア「なんだ、いい奴じゃないか」
僕「アレックスはちょっと黙ってような」
フ「だから真由子に『いっしょに鋼の錬金術師を見ないか』って誘ったんだ。そしたらあいつ……」
僕「何て言われたの?」
フ「オタクには興味ない、って……」


フランツカワイソス(´・ω・`)


ア「で、弱ってるところをビッチに食べられたのね」

フ「なんでみんな知ってんだよ」
僕「寮の中であんな声だされたら誰だって気付くっつーの」
ビ「ごめんなさいねー♪」


フランツ、日本での振られ話に寮での暴露と踏んだり蹴ったりだなw

口は災いの元って教えてあげないとな


ア「ほら、鋼の錬金術師のDVD出せよ。朝までみんなで見ようじゃないか」

フ「アレックス……」
僕「原作とは違う展開があついんだよな」
フ「シュウ……」
ビ「私はオタクでも関係なく食べちゃうけどね」
ア「おまえは自重しろwww」


※そんなに工口い話でもなかったなww

アレックスの日本滞在記を読みたいって声が上がってるけど
2回目の夏休みまで話進めて大丈夫?


まぁイッチはアレックスラブだもんな


ここまでの話の流れ

留学1年目
9月、1年のスタート

アレックスと出会い仲良くなる
ビッチやフランツなど寮の友人ができる
6月、寮を追い出されアレックスの実家へ
7月独立記念日のお祭り
9月新学期、アレックスとアパートを借りルームシェア
ザパニーズの日本食レストランからの誕生日
7月、アレックス日本でコーヒーゼリーに感動
コレっていつ?とか、この時期何してたのって質問があればどうぞ。


イッチが書くの大変なら申し訳ないが、聞けることがあるならすべて聞きたいな~。

多分、イッチが考えてるレベルより遥かに、こちらは楽しんで、ワクワクして、萌えながら読んでるよ!
些細なエピソードでもね。


時系列でゆっくり思い出のエピソード語ってくれたら分りやすい

あと、アレックスかレベッカどっちと結婚するのん?(ΦωΦ)


ザパニーズ後の、クリスマスや年末年始あたりが気になるね。


※僕の誕生日が終わってからしばらくして

僕「あ、そういえばおまえんちオーブンあったからチョココロネ作れたんじゃね?」
ア「……あぁぁぁああくぁwせdfrgtyふじこ!?」
僕「そんなに落ち込むなよ……」
ア「ちょ、チョココロネ……(´・ω・`)ウルウル」
僕「次はいつ家帰るんだ?」
ア「しばらく帰るつもりなかったけど……帰ったらチョココロネ作ってくれる?」
僕「ああ、いいよ」
ア「じゃあ次は感謝祭だ!」
ア「もしもしお母さん?次はね感謝祭に帰ることにしたよ!え?もちろんシュウもいっしょさ!」


※感謝祭とは

感謝祭(かんしゃさい、英語: Thanksgiving Day)は、アメリカ合衆国とカナダの祝日のひとつ。
Thanksgivingと略称されたり、あるいは七面鳥の日(Turkey Day)と呼んだりもする。
アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日になっている。
日本のプロテスタントでは収穫感謝日と呼ぶ。


日本じゃポヒュラーな菓子パンだけど、アメリカじゃ本当に売ってない(作られていない)んだなチョココロネって……

アメリカでも人気のベーカリーとか沢山あるだろうに
流れきっちゃうけど、質問
アメリカのパン屋だとどんなパンが置かれてるの?
日本じゃまず見かけないようなパンとかある?


僕「何?この渋滞……」

ア「サンクスギビングのときはいつもこんな感じさ」
僕「運転変わってやれなくてごめん」
ア「いいさ、シュウはしっかり休んで」
僕「ありがとう」
ア「チョココロネのためなら何だってするさ」
僕(期待値上がりすぎじゃね?大丈夫か……?)


エクレアは、ケーキ屋かコンビニだな。


レ「シューーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」ガシッ

僕「久しぶり、レベッカ」
レ「ねえ今回はいつまでいるの?」ギュウウウウウッ
僕「いつまでいるの?」
ア「5連休中はずっとこっちにいるよ」
僕「だってさ」
レ「やったーーーー!!」


キ「まあシュウ!よくきてくれたわね」ハグ

僕「またお世話になります」ハグ
?「お、そいつが例の日本人か!」
?「かわいい顔してるじゃない。ほんとに大学生?」
?「5日間よろしくな坊主!」


まさかの新キャラ登場


かわいい顔?

アレックスに新たなライバルが!?


キ「こっちが私の兄の○○で」「よろしく」「妹の○○」「どうも」「こっちはボブの弟で○○」「よろしくな!」

僕「○○……○○……○○……○○……アメリカ人の名前は覚えるの大変だな」
レ「向こうにまだ私たちの従妹がいるのよ!」
僕「だめだ覚えきれないよwww」


※親戚の皆さんにはとても良くしてもらったけど、名前と誰が何してくれたかが

ごっちゃになってしまってるので、基本アレックスファミリーのことだけを書いていきます


僕「あれ?何かいいにおいがする……」

キ「気付いたわね、食いしんぼさん♪今ターキーを焼いているのよ」
僕「ターキー?……えっと『七面鳥』か。食べたことないや」
親戚「なに!?ターキーを食べたことがないって?それは人生を半分損してるぜ!」
キ「頑張って作ったから一杯食べていってね」
僕「はい!」


ア「ねえ、シュウ?いつチョココロネ作ってくれるの?」

レ「チョココロネってなーに?」
ア「おいしい日本のお菓子だよ」
レ「私も食べる!!」
親戚「なんだ?うまいものか?だったら俺も食うぞ」
親戚「私も食べたいわ!」
親戚「おっと俺の胃袋を忘れてもらっちゃ困る」
僕「こうなったら全員分つくってやんよ!!wwwwww」


何人分作ることになるんだw


楽しそうで羨ましい


シュー君のクッキング教室とかやりそうな雰囲気


僕「コルネは元々コーン、つまりツノを意味してるんだ」

レ「ツノ?」
僕「ユニコーンって言うだろ?」
レ「ツノを作るの?」
僕「そう、チョコ入りのね」


僕「まずはみんなにコレと同じものを作ってもらいます」

親戚「紙でできた小さいアイスのコーンか?」
僕「このコーンを型にしてコルネを作ります。
作り方はアレックスに教えてあるので皆さんで人数分作ってください
僕は生地を作りますから」
親戚「オッケー」「楽しみね「酔っぱらってて細かい作業は無理だ!」


シュウ先生のお料理教室やんけ


なるほど、一人で担当するより共同作業の方が親睦も深まるし思い出も残るか


僕「なんとか生地はできたな……あとは発酵させれば……」

ア「シュウ、クッキングペーパーが無くなったよー。どうやって型作ればいい?」
僕「いったい何個作るつもりだよ!?」
レ「シュー!見て!ヴァンパイアー」とんがりコーンを子供に渡すとそうなるか考えよう


わたすと「ど」うなるか、だな


レベッカはかわいいなあ!


僕「とりあえず型は余るほどできたけど、生地と中身が足りないな」

親戚「だったら私に任せて!すぐに買ってくるわ」
親戚「おまえはここでチョココーンを少しでも多く作るんだ、オッケー?」
僕「お、オッケー」
※みんなアレックスの親戚でした


僕「よし、焼き上がり!」

レ「なにこれ面白ーい」
僕「まだ型抜いちゃダメだよ。冷めてからね」
ア「あ……」ぐちゃあ
僕「アレックス……」
ア「ご、ごめんよぉ……早く完成させたくてどうしても…… (´・ω・`)」
僕「いっぱいあるからいいよwwwほら、生地できたから型に巻き付けて」
ア「うん!」


僕「よし、型抜いていいよ」

レ「ヤーーーハーーーー!!」
ア「きれいに抜けると気持ちいいね!」
レ「見てみて!ユニコーン!」
僕「かわいいな」
ア「見てみて!グレンラガン!」
僕「そのアニメ僕もまだ見てないよ!?」
ア「今度いっしょに見ようね」
レ「私も見るの~」


素敵な家族やなあ

久々にほっこりするスレ イッチ頑張って続きよろ!


僕「絞り袋でチョコクリームを入れれば……完成!」

ア「ふぉぉぉおおおお!本物のチョココロネだーーーー!!」
僕「今食べる?それとも後でみんなで食べる?」(どうせ今食べるだろ?)
ア「うーーーん……後でみんなでたべりゅ」
僕「どうしたんだよ?アレックスらしくもない?」
ア「サンクスギビングは家族みんなで幸せを分かち合うものだから、さ」
僕「へー、そういうものなんだ」
レ「シュウも家族の一員だね!」
僕「ありがとな、レベッカ」
ア「あ、シュ、シュウをここに連れてきたのは……」
僕「おまえもありがとな、アレックス」
ア「どういたしまして///」


料理って言えばさ。アメリカ料理ってどんなのあるんだ?

フライドチキンとかそんなのしか思いつかんのだが。
アメリカならではって料理あるの?


キ「それでこっちからパンプキンパイ、アップルパイ、チョコレートパイ、ミンスパイ、ピーカンパイ!」」

僕「すごい量ですね!」
親戚「これだけあれば5日間くいっぱぐれずにすむだろう?ガハハ」
僕(日本のおせちみたいなものかな……?)「ミンスパイって何?」
キ「ふつうはドライフルーツを使ったパイなんだけど、コレは本物。鹿のミンチが入ってるわ」
僕「ピーカンは……ナッツ?」
キ「そうよ。日本じゃあまり食べないかしら?」
僕「いいえ、食べたことありません。どれもおいしそうでとても楽しみです」
キ「そしてこれがチョココロネ!」
親戚「おお~~~~~!!」


「コレおまえが作った奴じゃないか?形が変だww」「私じゃないわよ、ニーサンが作ったんでしょ?」

「こっちの大きいのは僕の奴だよ」「私のはこの一番長い奴!」
ボ「ただいま~」
一同「ボブ、早くこっち来いよ!!」


>一同「ボブ、早くこっち来いよ!!」

ここすっげぇ楽しそうwww
マジいい経験してるなwww


親戚「なんだこのパン、ファッキンソフト!」

キ「子供の前でやめてもらえるかしら?」
親戚「すまねえ。こんな柔らかいパンがあるんだな」
僕「日本人は欧米の人に比べて唾液が少ないので、柔らかいパンを好むんです」漫画の受け売り
親戚「なるほどなー」
僕「アレックス、初チョココロネはどうだい?」


※アニメの真似をしながら食べるアレックス

ア「ねえ、シュウはチョココロネを頭とお尻どっちから食べるの?」
僕「僕はおしりから。おいしい?」
ア「うん、すっごくおいしい」
僕「涙目になってんぞ」
ア「だってシュウが作ってくれたから……」
僕「感動しすぎだって」
ア「シュウ、今日はほんとにありがとう」
レ「ありがとー!」
キ「私からもありがとう」
親戚「面白いもの食わせてくれてありがとな!」「自分で作るのも楽しかったわよ、ありがとう」
ボ「今この時間があるのはおまえのおかげだぞシュウ、ありがとう」
僕「みんな……グスっ……Thank you very much!」


イイハナシダナー(´;∀;`)


※ホストファミリーは隙があれば泣かせようとしてくるから困る

ほんとに良い人たちばかりでした


※そういえば親戚のひとりに世界中を飛び回ってる紳士がいました

紳「シュウ、日本人についていくつか質問したいんだがいいかい?」
僕「なんでも聞いてください」
紳「ネットで見たんだが、日本人はみなルーマニア語の曲が歌えるってのは本当かい?」
僕「ル、ルーマニア……?」


紳「その様子ではどうやらガセネタだったようだな。気をつけよう」

僕「どこからそういう話になったんですか?」
紳「あれはなんといったかな……そう、NOMANEKOだったかな」
∧_∧
( ´∀`)ティン!


のまのまいぇい?


※そのあと「恋のマイアヒ」を熱唱する僕

紳「なぜ日本人が歌えるんだ……!?」
僕「一時期日本でブームになって」
紳「だからって外国の音楽を暗記できるものかい?」
僕「日本には文化祭っていうのがあるんですが、そのフェスティバルのために練習したんです」
紳「すばらしいね!こんなかたちで文化交流があるとは!」
僕(歌の意味も知らなければ、空耳で適当に歌ってるだけなんて言えないwww)


世界中を旅する紳士ってかっこいいな


僕「あれ?今日から僕はどの部屋に泊まればいいの?」

キ「前使ったトムの部屋が空いてるわ」
親戚「すまねえ!トムの部屋、今俺が使ってるわwww」
キ「何やってるのよ、もー」
ボ「『離れ』に泊まるか?」
ア「お父さん……」ビキビキ
ボ「冗談に決まってるだろwww


アレックスと添い寝するんですねわかります


キ「困ったわねぇ、空いているゲストルームひとつもない?」

ボ「今回はトムを除いて全員だからな、ギリギリだ」
ア「それならさ、あの……」
レ「私の部屋に来てよ、シュウ」
ア「!?」
ボ「それはさすがにだめだ」
レ「えー?いーじゃーん」
ボ「それくらいなら俺の部屋にだな……」
ア「あの……その……」
キ「さすがに使用人室ってわけにはいかないわよね」
ボ「あそこは掃除しないと使えないだろ」
僕「それなら泊まってみたいところがあるんですけど、いいですか?」


ボ「本当にここで良いのか……?」

僕「はい、こういうの憧れてたんですよ!」
ボ「たしかにここなら数日間暮らすのは問題ないな」
さて突然ですが問題です、僕はどこに泊まったでしょうか?
(晩ご飯食べてきます)


屋根裏


ガレージ


テント


で。正解は?


※正解は『ちょうでかいキャンピングカーの中』でした


わーお、なんでも持ってるんだな


僕「キャンピングカーに泊まってみたいです」

ボ「キャンピングカー?キャンパーのことか?」
※和製英語でした


答えを聞いたら納得

しかし庶民なので、聞くまでその発想に至らず


僕「すげぇ……」

ボ「トイレやバスも使えるようにするか?」
僕「いえ、それは家のを使います」
ボ「こんな狭いところに……悪いな」
僕「そんなことないですよ(実家の僕の部屋より確実にでかいですからwww)」


ボブの家の子供になりたい


僕「はー……今日は疲れたな~。でも……すごく充実感があった」

レ「今何て言ってたの?」
僕「レベッカ!?」
レ「今日本語で何て言ってたの?」
僕「ダメだよ入ってきちゃ。ボブに叱られるぞ」
レ「シュウと話せるのずーっと待ってたんだよ」
僕「それでも……」
レ「私が女の子だからだめなの?」


僕「そうだよ。年頃の女性は男性と一緒のベッドに入っちゃダメだ」

レ「じゃあもしこれがアレックスだったら?」
僕「アレックスだったら?」
レ「私とアレックスじゃ8つしか違わないのにダメなの?」
僕「いや、アレックスでもダメだからね」


レ「いつもアレックスと一緒に寝てるんじゃないの?」

僕「前言わなかったっけ?アレックスとは友達同士。友達同士は一緒のベッドで寝ないよ」
レ「そっか……ごめんねシュウ。なんか勘違いしてた」
僕「ほら、一緒にリビング行こうな」
レ「うん!」


ア「2人はなんだか仲良しだねー(棒)」

レ「うんいいでしょ」
ア「なんでレベッカをひざの上に乗せてるんだい?」
僕「さあ、なんでだろ……」
ア「……もう遅いから2人とも歯磨いて寝るんだよ」
レ「わかってるよ」
僕「オッケー」


膝の上にのせるイッチ羨ましいw


いつもアレックスと一緒に寝てんじゃないよ!?!?


いつもじゃないけどアレックスの寝ている?!


僕「べ、別にやましい気持ちはないからな」

ア「え、何も聞いてないジャン?」
僕「いや、おまえが変な目で見てたから」
ア「変な目?いたってふつうだよwww
もし変に見えたならそれはシュウにやましい思いがあったんじゃない?」
僕「うーん……たしかにレベッカはかわいいけどさ」
ア「……」
僕「恩人の家族にそういう思いを持つのは絶対よくないと思うんだ」
ア「……ほんと、シュウは生真面目だねぇwww」


レベッカこの時いくつよ?


日本人留学生が11歳の児童をひざに乗せる事案が発生しました


向こうの児ポ法みたいなのはこっちよりも厳しいんだっけ? 10年くらい前だと今とは事情も違うかもしれないけど


レ「シュウ、帰っちゃやだ~」ひしっ

僕「今度はクリスマス休暇に遊びにくるよ」
親戚「すっかり懐いちまってるなww」
親戚「トムよりよっぽど兄弟みたいね」
ボ「たく……あいつはいつになったら帰ってくるんだ」
紳「トムならクリスマスにアメリカに帰ると言ってたぞ」
ア「それほんと!?」
紳「まあ気まぐれな奴だからそのまま別の国ヘ行ってしまうかもしれないがな」


おお、トムやっと登場だな!ちょっと気になってたんだ


ボ「車じゃ渋滞する、飛行機で行ったらどうだ?」

ア「車できたし、車で行くよ。それにシュウと話してたら事故も起こさないさ」
キ「気をつけてね。シュウ、アレックスをよろしくね」
僕「わかりました」
キ「それとこれ、また焼いたからアパートで食べて」
僕「うわぁ、パンプキンパイだ!これものすごくおいしかった」
キ「あなたが幸せそうに食べるからまた焼いてみたの。喜んでもらえて嬉しいわ」
僕「ありがとうキャシー。とっても嬉しいよ」
キ「今度来たらいっしょにケーキを焼きましょうね」
僕「みんな、またあおうね!!バイバイ!!」


※閑話休題

ハグの話が出たけど、アメリカでは男女かまわず親しければハグをします
何度ボブと熱い抱擁をかわしたことかwww
日本でもこういう風習あれば良いのにな~と感覚が麻痺し始めた頃、
新宿駅前で「フリーハグ」を発見
これは「だれでも自由にハグできますよ~」というやつで、
つい懐かしくなり、その場にいた全員にハグをかました
ところが全然手応えがないwww
こいつらハグをなんだと思ってるんだ!?との思いからフリーハグに参加!


ハロウィンパーティーとかもするの?


※しばらくすると、そこへとても寂しそうなおねえさんがやってきて

僕と同じように端からハグをしていくではありませんか
この人もアメリカ帰りなのかな~などと考えながらふつうにハグ
するとその女性が小さく悲鳴をあげるではありませんか!
僕「すいません、痛かったですか?」
女「ううん、平気。驚いただけだから」
僕「すいません」
女「こんなに強く抱きしめてもらったの初めて///」
僕「アメリカ仕込みのハグですから!」
女「なにそれwwwぷっwwwありがとう、元気出たよ!」
ハグは人を明るくします
機会があったらあなたもぜひ


※感謝祭から時間を1ヶ月ほど戻して10月31日

今日は待ちに待ったハロウィンです!
ア「楽しみだね、今日のフェスティバル!」
僕「なんだっけ?とりっく おあ とりーと って言ってお菓子をもらうんだよね?」
ア「シュウ何言ってんの?そんなの小学生までに決まってるじゃない!」
僕「あれ?そうなの?じゃあアレックスは何をそんなに楽しみにしてるの?」
ア「そんなのコスプレに決まってるじゃないか!」


僕「コスプレ?ああ、仮装のことか」

ア「シュウはどんな衣装買ったの?」
僕「え、なんにも準備してないけど……」
ア「えーーーー!?何してんだよ!夜までそんなに時間ないよ!」
僕「別に良いよ、僕はこのままで」
ア「何言ってんだよ!この辺のハロウィンは全米でも1,2を競う規模のものなんだよ!」
僕「え、シリアス!?」
ア「ほら、衣装屋さん行くよ!」


僕「なんだこれ……魔女に、プリーストに……これはフランケンシュタイン?」

ア「どうだ、すごいだろう?」
僕「この街にこんなお店があったのか!すげー!すっげぇ!」
ア「時間があったらシュウには ̄ ̄のコスプレさせたかったけど……」
僕「今なんて?」
ア「何でもないよ!さあ、早く決めちゃえよ」


僕「着替えたよーアレックス」

ア「プリーストか。無難だけど時間なかったし仕方ないね」
僕「そういうアレックスはなにそれ?学生服?どこかで見たようなデザインだけど……」
ア「わからない?カツラかぶってメイクしてくるからもう少し待ってて!」
僕「お、おう……」


ア「キサマ!ドコヲミテイル?コッチダ(日本語)」

僕「!?」
ア「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!おまえは死ね!」
僕「イェス!ユアハイネス!!」ぐへぁ
ア「どう似合ってる~?」
僕「すげー似合ってるwwwよく作り込んであるな」
ア「ほんとだったらシュウにスザクをやってもらいたかったんだけど……」
僕「じゃあ来年は僕もやってやるよ」
ア「やった!でも、来年はそのとき一番熱いアニメをやるからコードギアスじゃないよ?」
僕「別に何でも良いよwww」


僕「ヘイ、フランツwwwなんだよそのかっこうwww」

フ「ビッチに任せたらこんなかっこうになっちまった……」
※参考


(アカン)


僕「そういうビッチは……女海賊?」

ビ「超セクシーでしょ?」
僕「胸こぼれない?大丈夫?」
ビ「こぼれるようにしてあるのよ」
ア「ファッキンビッチ……」ボソッ


フランツの災難って小説が一本書ける勢いのネタ度w


つーか
はこの体験記をまとめて出版すべき


※道路を封鎖し街中が仮装した人だらけ

僕「すごいな……全米中から仮装好きが集まってるのか……」
ア「実は大学を決めた理由のひとつがコレなんだよね」
僕「クレイジーだなwwwでも、わかるよその気持ち」
ア「なに?シュウもコスプレに目覚めた?」
僕「そうじゃなくて「自分の生きたいように生きる」ってところ」
ア「……もう、後悔はしたくなかったから」
僕「何暗くなってんだよルルーシュ!ほらギアス使って命令してみな」
※アレックス扮するルルーシュには他人に絶対遵守の呪いをかけられる
ア「え?何でもいいの?」
僕「ちょ、真剣に考えるなよwww」


ア「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる…………」

僕「ん?聞こえないよ」
ア「別に命令したいことなんてないよ。今のままで十分さ」
※その後深夜までいろんなお店を覗いたり、食べ歩いたりして、とても素敵なハロウィンになりました


アレックスとスレ主のその後?


じゃあフランツの恋バナでもしようかと思ったけど、朝から断続的に書いてるから少し疲れました

少し休憩しますね


シュウさんは

難しそうな折り紙は出来るし
チョココロネパンを焼けるし
なんか凄すぎる!
学校で習ったとは言え、分量とか覚えてるとかスゴス!


イッチはいま何歳?


レベッカの当時の年齢と今の年齢言ってるんだからそりゃあね

すごく面白いから覚えてること全部書いてほしい


なんだよ・・・俺もこんなことしたいよ・・・

アメリカンな体験したいよ・・・


アメリカでハロウィンの時に仮装してた日本の女の子の学生が他人の家に入っちゃって射殺されたって話聞いたなぁ……。

これは危なかった!ってエピソードとかお聞かせ頂けたら嬉しいです!
っていうか自分リクエストしまくってて申し訳ないです!


※それじゃあフランツの恋バナをはじめます


黒歴史とはいえ、アレックスは一応トップカーストにいたんだよね・・・?

彼女はいたの?
アレックスの童貞は如何に・・・
あとシュウはビッチやレベッカ以外で言い寄られたりしなかったの?


※フランツは僕と同じ寮に住む、ひとつ上のフランス人でした

襲撃前は目を合わせれば挨拶する程度の仲だったんですが、ある日
フ「ヘイ、シュウ、ちょっといいか?」
僕「なんだいフランツ?」
フ「日本人の女の子ってどんな男が好きなんだ?教えてくれよ」
僕「どんな男が好きか、か……好きな日本人でもいるのかい?」
フ「ああ、同じクラスにめっちゃカワイイこがいるんだ」
僕「(真由子さんかな)オッケー教えてあげる」


僕「(真由子さんの彼氏は)背は自分よりも高くて」

フ「クリアー」
僕「格闘技やってて」
フ「え・・・?」
僕「髪は黒色のほうが好きかな」
フ「ガーーン」
僕(これであきらめるだろ)


フ「日本の女の子はみんなそうなのかい?」

僕「みんなじゃないけど、好きな女の子に聞いてみたらどうだい?
話のきっかけができてちょうどいいだろ」
※その後、大学のジムで黙々とトレーニングをするフランツを見かけました


※これは襲撃後の話

僕「おまえどうしてビッチと関係持っちゃったの?」
フ「真由子に振られた日に寮で飲んでたら(違法)ビッチがアルコールを持ってきたんだ」
僕「へー。それで?」
フ「べろんべろんに酔っぱらって……気付いたらビッチが隣りで眠ってたよ」
僕「何したか覚えてないの?」
フ「いや、もちろん覚えてるけども……そんな恥ずかしいこと言えるかよファック!」


僕「どうしてフランツにアルコール差し入れたの?」

ビ「ああ、そろそろ真由子に振られるころかな~って準備してたのよ」
僕「マジでかwww」
ビ「私と真由子友達だから、何から何まで筒抜けだったわwww」
僕「ビッチ力たけ~なぁ、おい」


フランツただの良い奴だったわwww


※これは超かっこいいアレックスの話

僕「なんだか最近、とあるトルコ人の視線が恐くてさ」
ア「なに?ケンカでもしたの?」
僕「そうじゃなくてさ……その……狙われてるっていうか……」
ア「マジで?危なかったらいつでも連絡てよ?」
僕「サンキューアレックス」


トルコ「シュウ、今日もかわいいケツしてんな」ぺろん

僕「やめろよ!いい加減訴えるぞ!」
ト「コミュニケーション!たんなるジョークだってばwww」
僕(目つきが尋常じゃないよ……薬でもきめてんのかこいつ……)


そりゃあ彼氏に手を出されたらキレるわな


ト「なあ、シュウ……俺の部屋に来いよ。酒も薬もいいものいっぱいだよ」

僕「学校警察に連絡してやろうか?」
ト「おっと、携帯は卑怯だろ?没収!」
僕「なにをするだ」
ト「いいからついてこ ̄ ̄あべしっ
ア「シュウから手を離せ!!」


ト「なんだよ、ファッキンアメリカンはひっこんでろよ!」

僕「もしもし学校警察?助けて!」
ト「ちくしょうなんなんだよおまえは!?」
ア「シュウの恋人だ!文句あるか!?」
※こうして学校から危険な薬の売人がひとり消えました
僕「サンキューアレックス」
ア「なんでもないよ」
僕「その……恋人って言うのは……」
ア「ああ言っとけばあいつだって諦めるだろ?」
僕「ああ、なるほどね!さすがアレックス」
※以上アレックスの超カッコいい話でした


やっぱりな♂


アーッ!


大学で薬の売人やっちゃうような奴とか居るんだ…すごい世界だな…。

学校警察って何だい??
また明日も楽しみにしてるよ!
乙!


やっぱりな♂

しかし、フランツがどうと言うよりビッチが一枚上手なんだなw


やはりアレックスはイケメンだった


1は当時女顔だったのか?


アレックスは真の漢だったんや!


主の身長体重おしへて


※今日真由子さんから電話がありましたwwww

真「まとめに書いてあった真由子って、あれ私だよね?」
僕「よくわかりましたね」
真「ほとんどそのまんまじゃん!私のキャラが誤解されたらどうすんの!?」
僕「え?僕の中で真由子さんのキャラあんな感じだったんですけど」
真「私はもっと優しかったでしょ?そういうところを全面に押し出してさ ̄ ̄」
※真由子さんはとても優しいセンパイでした。


閑話休題

僕「なんか街が華やかだね」
ア「ああ、クリスマスの飾り付けだよ」
僕「え?まだ11月なのに?」
ア「サンクスギビングが終わったらクリスマスの準備をしなきゃ」
僕「どんだけクリスマス好きなんだよアメリカ人www」


僕「この前までハロウィン仕様だったのがあっという間にクリスマスカラーで驚きましたよ」

大「うちもそろそろクリスマスの飾り付けをしなきゃダメですね」
ア「家にいた時はみんなでイルミネーションつけたり、ツリー飾ったり、楽しかったなぁ」
大「よかったらうちのイルミネーションつけるの手伝ってもらえませんか?今、人手が足りなくて」
ア「いいよ!どんなの飾るの?楽しみ~!」


ア「シュウ!もうちょっと右ー!」

僕「アレックスが請け負ったんだろ?何で僕が屋根の上なんだよ?」
ア「ごめんね。よく考えたら屋根の上のぼるの恐かった」
僕「落ちたらちゃんと受け止めてくれよ」
ア「ハハハハー」
僕「おまっ!!」


大「ご苦労さま。スシ握ったから食べてってー」

僕&ア「やったー!!」
僕「この店でこれだけ苦労するなら、おまえんち飾るの相当大変じゃない?」
ア「うん、だから11月から準備しないと間に合わないんだよ」
僕「なるほど、納得だわ……」


大「それじゃあライトつけるよー」パチッ

ア「ワーーーーオ」
僕「こりゃすごい」
大「このスシのイルミネーションがお気に入りなんだ」
僕「こんなんまで売ってるんですね~」
大「ううん、特注品」
僕「えっ!?」
大「けっこうかかったけど、コレをつけると集客率が段違いなんだよね」
ア「たしかにコレ見てるとスシ食べたくなるよね!!」


大「2人はクリスマス休暇どうやって過ごすの?予定がなかったらうちでバイトしない?」

僕「クリスマスはアレックスのうちに招待されてるんで行ってきます」
大「そうか、そりゃいい。シュウ君はアメリカでのクリスマスは2度目だっけ?」
僕「去年は寮にこもってたんで、実質ことしが初めてです」


大「アレックスには兄弟いるんだっけ?」

僕「かわいい妹がいるんですよ、こいつ」
大「じゃあクリスマスプレゼント持っていかなきゃな」
僕「あ、そうか!」


僕「アレックスー、レベッカへのプレゼントどうしたら良いと思う?」

ア「そんなこと訊くなよ。レベッカだってシュウが自分で考えて選んだもののほうが嬉しいと思うよ」
僕「僕はそういうセンス致命的におかしいって言われたことがあってさ」
ア「誰にだい?」
僕「……好きだった子に」
ア「へー。男?女?」
僕「女の子に決まってんだろうがwww」


ア「なにプレゼントしたんだよ?」

僕「スワロフスキーの小物が好きって聞いてたから、
一生懸命バイトして、告白と同時にプレゼントしたんだ」
ア「へー。シュウでもそんなロマンチックなことできるんだね」
僕「シュウでもってなんだよwww」
ア「センスおかしいって言われたってことは……振られたんだよね?」
僕「……うん」
ア「暗くなるなよ。そんなの女のセンスが悪かっただけだって!」
僕「ホントにそう思う?」
ア「なんか今日のシュウめんどくせーなーwww」


ア「ところでクリスマスプレゼントに悩むなんてシュウは余裕だねぇ」

僕「どういう意味?」
ア「期末テストだよ」
僕「ああ、テストかwww」
ア「ああ、テストかwwwじゃないよ!こっちはこんなに苦労してるのに……」
僕「ごめんごめん」


ア「シュウー。成績どうだった?」

僕「数学は余裕のA+、ほかはそこそこ。アレックスは?」
ア「タダーッ!」
僕「おお!数学上がってんじゃん」
ア「誰かさんに無理矢理教えられたからね」
僕「ん?じゃあ次からは必要ないね」
ア「ぐぎぎ……」
僕「そんな顔すんなよwwwクリスマス休暇が僕らを待ってるぜ!」


ア「ただいまー!」

キ「ああ、アレックスお帰りなさい」ギュウッ
僕「お久しぶりです」(といっても1ヶ月経ってない)
キ「久しぶりねシュウ」ギュウッ
キ「ここはあなたのアメリカでのホームなんだから、リラックスしていってね」
僕「はい。ありがとうございます」
キ「ふふふ、そのかしこまった言い方なんとかならないかしら?」


ア「無理無理www日本人は礼儀正しすぎだから」

キ「そうね、日本人だものね」
僕(オマエラには日本人がどう見えてんだwww)


妹はまだかー


ア「レベッカがいなくて寂しいのかい?」ニヤニヤ

僕「ああ、とっても寂しいね」
ア「……え?」
僕「僕が赤くなって否定するのを期待してたんだろ?そう何度も引っかからないよ」


僕「しかしプレゼント私損ねたなぁ」

キ「あら、クリスマスまでには帰ってくるから大丈夫よ」
僕「それはよかった」
ア「ねえ、結局プレゼント何にしたの?」
僕「当日までのお楽しみだよ」


レ「シューーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!」ガシッ ぶらんぶらん

僕「お帰りレベッカ」ギュ
レ「シュウが来てるって聞いて早く帰ってきたよ!」
僕「ありがとうレベッカ。あれ?また大きくなったんじゃない?」
レ「早く大人のレディになりたいからいろいろやってるのよ」
僕「でも今のままでも君は十分魅力的だよ」
ア「何で妹口説いてんだよ……」


アレックスの嫉妬がたまらん


ボ「さあ、遠慮なく食べてくれ!キャシーの料理は北米一うまいからな!」

キ「あら全米一じゃないの?」
ボ「北米の料理が他の料理に負けるわけないだろ?つまりおまえの料理が世界一だよ」
キ「ありがとうボブ」チュ
僕「今日は一段とラブラブだな」
ア「うらやましいの?」
僕「べ、別に///」


レ「ねえ、シュウ。日本でもクリスマスのお祝いするの?」

僕「ああ、やるよ。シャンパン飲んだり、ケンタッキー食べたり、クリスマスケーキ食べたり」
ボ「クリスマスにケンタッキー!?なんだそりゃ?」
ア「ケンタッキーの戦略みたいだよ。クリスマスはケンタッキーって洗脳してるってネットに書いてあった」
僕「洗脳ってwwwたしかにクリスマスと言えばチキンってイメージ強いけど」
レ「クリスマスケーキって何?」
僕「え?」
レ「クリスマスにケーキなんておかしいわ」
キ「フランスではね、クリスマスにブッシュドノエルというケーキを食べるのよ
きっと日本もそんな感じなんでしょ?」
僕「どうだろう……ひょっとしたらこれもお菓子業界の洗脳かもしれません。
クリスマスはケーキ食べるのが当たり前だと思ってました」


レ「クリスマスはクッキーを食べるのよ!マムのクッキーは世界一なんだから」

僕「はじめてレベッカにあったときにもらったクッキーもおいしかったよ」
レ「ありがとうシュウ///」
ア「……シュウ!日本にはエッグノッグってあるのかい?」


僕「エッグノッグ?なんだいそれ?」

ア「これだよ、飲んでみて!」
僕「う、うん……」ゴクリ
ボ「あ、それ俺の……」


僕「ミルクセーキみたいなものかな……?」

ア「どう?おいしい?」
僕「おいしいよ……なんか……体が熱くなるね……ヒック」
ア「あれ?」
キ「大変!ブランデーいりのエッグノッグを飲んだのね!」
ボ「おい、シュウ、大丈夫か?」
僕「らいぞうぶれふお///」
ボ「水だ、水もってこい!」


ア「ごめんね、シュウ。歩ける?」

僕「何も問題…ヒック……ない、よ」
ア「完璧に酔っぱらってるじゃん……日本人はこんなにアルコール弱いの?」
僕「パッチテストって…ヒク…知ってる?」
ア「なんだいそれ?」
僕「腕にアルコールをぬせdfghjk」
ア「ろれつ回ってないよ」
僕「パッチからね…ヒク…はみ出るんdsfgtyふいp」
ア「ベッドついたよ、ほら靴脱いで」


僕「ありがとうアレックス」

ア「お休みシュウ。良い夢を」
僕(あれ、僕どうしたんだっけ?……そうだ、酔っぱらってベッドに運ばれて)
Zzzz Zzzzzz.
僕(隣りで寝てるの誰だよwww)


事 後


あー、耐性ゼロか(ノ∀`)


※隣りで寝てるであろうアレックスをゆする

僕「おい、おまえどこで寝てんだよ。自分のベッド行け」
???「うぅ……おまえこそ誰だよ。ここは俺のベッドだぞ」
※いかついおっさんぽい声に酔いが一気に醒めました


ボブキターーーーーーー


僕「ひょっとして、トム?」

ト「なに、おまえ俺のこと知ってるの?」
僕「アレックスやレベッカのおにいさん……だよね?」
ト「そういうおまえは?」
僕「僕はシュウ。アレックスの友達で、この家にホームステイさせてもらってるんだ」
ト「そうか。それじゃあゆっくりしていけ。お休み」Zzzz Zzzz
僕「おやすみ……って寝られるかwww」(小声)


トムキターー!


キ「あら、シュウはやいのね、おはよう」

僕「おはようございます」
キ「あら、まだ顔色が悪いわ。寝られなかったの?」
僕「ええ、さすがにトムと同じベッドで寝るわけには」
キ「トム!?トムが帰ってきてるの!?」


トムが帰ってきてるの家族はしらんのかよwwww


キ「トム、帰ってきたなら挨拶くらいしなさい」

ト「メリークリスマス母さん」
キ「もう、こんな汚らしい格好して……」
ト「太陽と一緒に西から東へクリスマスを楽しんできたんだ」
キ「全く何をしてるんだか……」
ト「時差がキツいからもう少し寝かせてよ……」


ア「トーーーーーームッ!!!!!」ガシッ!!

ト「グヘェ」
ア「お帰り、トム!メリークリスマス!!」
ト「メリー……」
ア「ねえ、プレゼントどこ?あるんでしょ?」
ト「ツリー……」
ア「オッケー!やっほう!!あ、シュウ、メリークリスマス」ダダダダダ
僕「メリークリスマスwww」


レベッカじゃなくてアレックスかよw


ア「シュウ!プレゼント置いた?」

僕「あ、まだだ!」
ア「レベッカが起きてくる前にさっさと置いとけよ」
僕「オッケー」


僕「はい、コレ。」

ア「え?これ……」
僕「おまえにだよ、アレックス」
ア「いいの?もらっても……」
僕「アメリカではすぐに破って開けるのがルールなんだろ?」


ア「え……これ……もしかして……」

僕「鳥山明のサイン入りドラゴンボール1巻だよ」
ア「まじかよ……いいのこんな高価なものもらっても」
僕「おまえなら大切にしてくれるだろ?」
ア「もちろんだよ!生涯の宝物にするよ!!」


ア「こんな貴重なもの、どうやってゲットしたんだい?」

僕「実は、昔鳥山明先生の家が結構近所にあったんだよね」
ア「まじで!?」
僕「そこで僕の父さんが「息子のために」ってサインもらってきてくれたんだ」
ア「そんな大切なものもらえるわけないじゃないか!」
僕「大切なものだからおまえにあげたいんだよ」
ア「シュウ……。ありがとう。心の底から感謝するよ」


僕「あれ?ひょっとしてこれ……」

ア「プレゼントだよ。気に入ると良いんだけど」
僕 バリバリッ
ア「それはやりすぎだよwww」
僕「おお、腕時計だ!!!!」


ア「前腕時計欲しいっていってたから……」

僕「すげー!かっこいいな!!ありがとうアレックス!!」ギュッ
ア「どういたしまして」ギュ
僕「めちゃくちゃかっこいなこれ!ずっと大切にするよ」
ア「ありがとう」


レ「プレゼーーーーーーーーーーンッ!!」ドタドタドタドタ

僕「メリークリスマス、レベッカ」
レ「メリークリッスマーース、シュウ」
レ「あー!この箱、折り紙ローズがついてる!!シュウの?シュウからのプレゼント?」
僕「そうだよ」
レ「超カワイイ!!大切にするね!」
僕「wwwまだ中身を見てないだろ?」
レ「ノー!!かわいくて破れない!!」


アメリカでのクリスマスってめっちゃ楽しそうだな


レ「オーマイゴーーーーーーーーッド!!ハローキティーーーーーー!!」

僕「きにってくれた?」
レ「なんで欲しいモノわかったの!?シュウは魔法使い?」
僕「レベッカのことなら何でも知ってるさ(大嘘)」


ところでスレ主はアメリカ以外には留学しなかったの?


ア「どうしてレベッカがハローキティ好きだって知ってたの?」

僕「知ってたわけじゃないよ。いろんな女の子にリサーチしてさ、一番人気だったのがハローキティだったわけ」
ア「でもあんなのシュウの部屋で見たこと無いよ?」
僕「アレックスのドラゴンボールだってそうだろ?」
ア「言われてみれば」
僕「今日のために日本から送ってもらったんだよ」
ア「そ、そこまでしてくれるなんて」
僕「おいおい、今日はずいぶん涙腺が緩いなぁ」


僕「コレはうちの母からキャシーへ」

キ「何かしら?まぁ!素敵なネックレス!!」
僕「それとこれは父からボブへ」
ボ「これは……富嶽三十六景のセンスだな」
僕「え!?富嶽三十六景知ってるの?」
ボ「浮世絵はゴッホにも影響を与えたんじゃなかったかな。中でも北斎の緻密な描写はうんたらかんたら……」
僕(ボブは自分の世界にはいると何言ってるかわからなくなるんだよなwwwこれは大当たりっぽい)
キ「ご両親に感謝の言葉を伝えたいわ」
ボ「しかし突然英語で電話しては失礼になるぞ」
僕「あ、母は英語話せるので大丈夫ですよ」


僕「あ、もしもしお母さん?メリークリッスマース」

母「はいはいメリークリッスマーース」
僕「プレゼント送ってくれてありがとね。ホストファミリー喜んでるよ」
母「よかったわー。お父さんのセンスはどうだった?」
僕「なんか直接お礼言いたいみたいだから代わるね」
母「え!?」


キ「シュウのお母さんきれいな英語話すのね」

ボ「本当に日本人か?おまえ実はハーフだろ?」
僕「母は日本で英語塾の先生をやってるんですよ」
ボ「なるほど。それでシュウも英語がしゃべれるようになったのか」
僕「そうかもしれませんね」
キ「じゃああなたのお母さんには本当に感謝しないとね。」
僕「どういうこと?」
キ「だってお母さんの教えがなかったらきっとシュウは今ここにいないもの」
ア「シュウのお母さんアリガトー」
ボ「アリガトー」
僕(わ、わらっちゃだめだ、こらえるんだ)


トム「……グッモーニング」

キ「なにがモーニング(朝)ですか。すっかり日が昇ってるわ」
ボ「よく帰ったなトム。ちゃんとあとで報告するんだぞ」
ト「オッケーボス」
レ「……」
※レベッカが僕の後ろに隠れました


まさかのカーチャン英語ペラペラw


ア「どうしたのレベッカ?トムだよ、覚えてない?」

レ「トム……?」
ト「最後にあったのはレベッカがまだこんなに小さいころだっけ」
キ「あらあら……また折り紙が必要?」
ア、ボ、&僕 wwww
ト「なんのことだい?」


ボブとかアレックスとかキャサリンとか定番の名前だけどアメリカにもキラキラネームとかあるの?

あと定番の名前だと友達とかとかぶったりしないの?


ト「トーサンにはワニの頭の剥製」

ボ「お、おう……」
ト「カーサンには天然石でできたフーチ(振り子)占いに使うんだって」
キ「まあ、きれい」
ト「アレックスにはパピルスに書かれた象形文字。なんか漫画みたいだろ?」
ア「ありがと、ニーサン」
ト「レベッカは何喜ぶかわからなかったから、はい、チョコレート」
レ「サンキュートム」
ト「さてお客人には何かあったかな……?」


僕「僕はトムにプレゼント用意してあるんだ」

ト「え?何で俺が帰ること知ってたの?エスパー?」
キ「あなた紳士おじさんと連絡とってるでしょ」
ト「ああ、おじさんから漏れたのか」
僕「はい、これどうぞ。世界中をまわってるって聞いたので旅行グッズを……」
ト「ハッハッハ!なんだいこのアイマスク?目が描いてあるぞwww」


ト「君、なかなかセンスあるね。そんな君には特別なカードをプレゼントしようじゃないか」

僕「特別なカード?」
ト「ただしこのカードには一枚一枚危険なものが封印されている。だから決して人がいるところでは開けちゃダメだ」
僕「ええ!?」
ト「気をつけてくれよ。おまえだから譲るんだからな」
※その夜こっそり開けてみたところ、それは白人女性のヌードトランプでした


レ「ねえシュウ。どうしたらトムと仲良くなれるかしら?」

僕「レベッカはトムのこと何か覚えてないの?」
レ「なんとなくお兄ちゃんがいた記憶はあるのよ?でもあのトムは記憶の中のお兄ちゃんと全然違うの……」
僕「記憶ってとても曖昧なものだからね……」
レ「お兄ちゃん……」


キ「これが当時のアレックス。裸で海に飛び込んでいったわ」

ア「か、母さん!何勝手にシュウに見せてんのさ!!」
キ「あら、いいじゃない。こどものころの裸なんて見られても問題ないわ」
ア「それは母さんが決めることじゃないだろ!?」
キ「こっちがトムよ。かっこいいでしょ?」
ア「トムは学校でモテモテだったんだよ」
キ「それでこっちの赤ちゃんがレベッカよ」
僕「……あ」


僕「トム!入って良いかい?」

ト「お?少年か、入れよ」
僕「ねえ、厚かましいお願いかもしれないけどさ」
ト「ん?行ってごらん」
僕「そのヒゲそっちゃわない?」


イッチの行動力すげぇな…

あと、鳥山明のサイン入りのDBの原書1巻なんて、日本ですら数えるほど、海外で持ってる人なんて、一般人ではアレックス位かもなあ。
希少性て意味では、国宝級の贈り物だw


キ「まあ、トム!あなたそんなにかっこよかったのね」

ア「すごい!10歳は若返ってるよwww」
ト「中東に行く時はヒゲがあったほうが便利なんだけどな……」
僕「絶対そっちの方がかっこいい。それなら日本でもモテるよ」
ト「お、じゃあ次は日本に行ってみようかな~」
レ「……トム?」
ト「よう、レベッカ。おに―ちゃんだよー」
レ「こっちのほうが100倍かっこいいわ」ギュッ
ト「ただいま」ギュ


※このあとのクリスマス休暇はスキーに連れてったもらったり、スケートしにいったりと

様々なウインタースポーツに連れて行ってもらうのですが、ダンスに引き続き才能がないことが発覚
それ以外は実にほのぼのとした休みだったので割愛しようと思います。


スレの残りは質問・リクエスト受け付けます

それが終わったら、アレックスの日本滞在記を書いていこうと思います


シュウさんの日本語(訳)も

アメリカ映画風
そういう生活してるとそんな言葉使いになっちゃうのかな?


これで大体、大学1年目から2年目前半位の大きなイベントは大体見せてもらったのかな?

ならば満を持して、彼の日本滞在を!


実にほのぼのとした休みの内容も知りたいけどな

あとトムとのエピソードがもっとあれば聞いてみたい
トムってなんの仕事してるの?
寿司屋の大将がクリスマスにバイトに来て欲しそうだったのにワロタ
1とアレックスは一緒にバイトしたりってのはなかったのかな?(大将の店じゃなくても他に)


追いついた!

読んでてニヤニヤが抑えられんわw


アメリカ滞在中はどんなとこ行った?

ディズニーワールドは行ったみたいだけど。
グランドキャニオンとか自由の女神像とかそう言う観光名所みたいなとこは
行ったの?


追い付いた、面白い話ありがとう

アレックス以外の友達とは主に
どんな話しているのか知りたい


アレックスの日本語は上達した?


アレックスとは女の子の話とかはしなかったの?

好みのタイプとか学校の子の話とか


アメリカの正月とかも気になる


もしリクエストで埋めてくれたら順次消化していきます


レベッカの成長物語もちょっと興味ある

ホストファミリー一家は日本には旅行とかで来てないの?あったら聞きたい
アメリカのキャンパスライブってのも知りたいな
余談ですが
あるフランス人彼女は日本人彼氏が話す日本語が優しくて甘くて大好きだそうで、
でも英語やフランス語で話す彼はあまり好きになれないと……
→理由;外国語で話してる時はまるで別人!日本語で優しく話す彼と違う人みたいで怖く感じる!
だそうでw やはり使う言語で性格変わるってのはあるみたいですね
(日本人の場合特に別人感が強いのかもね)


今のところ

留学1年目
9月、1年のスタート

アレックスと出会い仲良くなる
ビッチやフランツなど寮の友人ができる
6月、寮を追い出されアレックスの実家へ
7月独立記念日のお祭り
9月新学期、アレックスとアパートを借りルームシェア
ザパニーズの日本食レストランからの誕生日
10月 感謝祭(ファーストキッスもあるヨ☆)
ハロウィンパーティー
12月 アレックス家でクリスマス
飛んで
7月、アレックス日本でコーヒーゼリーに感動(←次スレにて進行中)
って感じか


1000なら登場人物みんな幸せ


1000ならみんな┌(┌^o^)┐


1000ならイッチとアレックスはズッ友


1000なら1の腕の中にアレックスが


最高に面白かったよ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。